3.8(SUN)  ズサ~~~~~~~~~~~& セブ島の人々 / people in Cebu island

3月14日の昼下がりです。
今日は土曜なので少し遅めに起きようとしていたのですが、朝の6時すぎ早々に部屋を訪ねてきたメイドさんに叩き起こされました。何事かと思いきや、頼んであった洗濯物を持ってきてくれたのです。
いつも私は6時前に起きて仕事を始めているので、彼女は今日もそうだろうと早合点してドアをノックしたというわけです。で、いったん目覚めると、もう眠れないので、仕方なく早朝から仕事をやっています。

そうそう、私の専属マッサージ師(すぐ下の写真の女の子)のことです。
私も人間存在を見つめる物書きですから、単に可愛い子ちゃんを相手にニタニタしているわけではありません。しっかり人間観察をやっています。

この子は8人姉妹の下から3番目です。下は15歳の女子高生、上は20代後半の人妻です。
その間に年子だらけの8人の娘がいるわけですが、性格はそれぞれまるで違いますね。
性格が違うのは当たり前でしょうが、顔つきがこれまたまるで違うのです。

似ている、似ていないの話ではなく、顔つきが、年上になればなるほど急激に険しくなっていくのです。
生活環境の厳しいフィリピンなので、歳を取ると、大人の仲間入りをすると、とたんに顔つきが生活の厳しさを反映して厳しくなるのでしょうか。
そうだと思います。苦労が顔に出る、というやつです。
8人姉妹の顔をしげしげと観察して、その思いを強くしました。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

3月13日の昼下がりです。
なんのことはなく、今朝も6時半に起きだして、そのまま執筆態勢です。
快調に仕事をこなしているのですが、相変わらず肩こりに悩まされています。
指圧に頼っています。
で、私の専属マッサージ師、ダイアナの近影です。
b0034159_1532976.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

3月12日の夕方です。こっちにくると日付の感覚が薄れていくようです。何日かとか何曜日とかなんて、どうでもいいことに思えてくるのです。おそらくこっちの人がそういう感覚で生きているから、私が単純に感化されているのでしょうね。
昨日はこっちにきて初めてテニスをやりました。ラプラプ・テニスクラブというところです。
ここには昨年のロングステイでもお世話になったので、多くの現地人の顔見知りと再会し、旧交を温めました。フィリピン人というのはホスピタリティいっぱいですから、挨拶をかわしただけでも次回は友だちづきあいをしてくれるのです。もちろん別の顔もあるのですが、ね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

3月11日の昼下がりです。
曇り空でトンデモは暑くなさそうなので(それでも30度を超えていますけど)、
仕事のノルマも達成したことだし、テニスに出かけようと準備しました。
するといきなりのスコールです。
諦めて読書でもするとします。
夜はいつものようにジプニーとタクシーを乗り継いで飲みに出ます。
ちなみに私のいるリゾートホテルのあたりにはタクシーの姿は1台もありません、ハイ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

3月11日の朝ですが、昨日の午後からずっと雨模様です。こっちは真夏だというのに、こうも続けて雨が降るのは珍しいです。私のベランダも雨に濡れています。
ふだんは仕事を終えると、夕方ここに座ってビールを片手に海と夕焼けをながめたりしながら、日没までぼんやりしています。

b0034159_1124011.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

で、昨日はこっちにきて初めて出かけないというか、飲みに行かない夜でした。
とはいっても、夜は暇なので、私専用のマッサージ師のところへ行って施術してもらっていました。
で、その彼女、ダイアナが思いがけないことをいうのです。

「リゾートホテルの面接を受けてきました。そこの面接官のマネージャーさんが、ウチヤマさんを知っているそうです。友だちだといっていました」

そうです、その日系ホテルの日本人のマネージャーさんとは2年前に知り合い、その後親しくお付き合いいただいているのです。今回はまだ会っていませんが。
その場で、つまりマッサージの娘さんの前でさっそく友人のマネージャーさんに携帯で電話をかけました。
で、今日の夜、知り合いの日本人がやっている居酒屋で会いましょうということになりました。

ついでといってはなんですが、私のマッサージのお姉さんの就職もしっかり頼んでしまいました。
こっちではコネが全てです。コネやバックグラウンドのない人間は滅多なことで雇ってもらえません。
で、我がマッサージ師、ダイアナの保証人にこの私がなったという次第です。
彼女の就職、決まりそうです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

3月10日、早朝にこっちにきていた編集者の方が帰国していきました。
わずか4泊の旅でしたが、おおいにエンジョイしたようです。

連日、私は日中は部屋にこもって仕事でしたが、夕方以降はお付き合いして、彼と街にくり出しておりました。
要するに彼を含めて友人知人たちと飲み惚けておりました。毎日午前様です。
熱帯の酒は美味しいのですが、暑さゆえに披露が蓄積されるようです。
と思っていたら、北海道の高専時代の同級生から差し入れ写真が届きました。
「熱帯じゃ暑くてたまらんだろう。涼しい写真を送ってやろう」とのこと。
お届け物は下にあるオホーツク海の流氷でした。
そうか、我が北海道は流氷の季節だったんですね。
熱帯で見る氷だけの世界、感慨深いです。

b0034159_12231669.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

3月8日の昼下がりです。
一昨日やってきた編集者がひとりで隣の島、ボホール島へ観光に出かけたので、私はホテルに残ってのんびりです。
部屋にこもってPCに向かったり、夏に出す長編小説を読みこんだり、エアコンを弱くしてうとうと居眠りをしたり、本や雑誌を読んだり、自分でいれたコーヒーを飲みながら、ぼんやりと部屋から海を眺めたりといった昼下がりです。
気分はブログの今回のテーマの「ズサ~~~~~~」そのものです。
が、少し気を引き締めないといけませんね。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
以上、知人への近況報告メールより転記。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

海外ロングステイに入った理由のひとつに面倒な人間関係を持ちたくない、ということがあります。
避けられない人間関係にわずらわされたくない、ということです。
が、こっちにきてみると、今度は在留邦人の知人や現地の旧知の人間が、つまらないトラブルといいますか、相談といいますか、あれこれ持ちこんでくるのです。
多少はお付き合いしますが、限度というものがあります。
他人のトラブルに巻きこまれるなんてアホくさいだけです。
よって、つまらない電話やメールが30分おきに脅迫電話かメールのように入るようになったので、
そういう方々からの連絡については全てシャットアウトすることにしました。
要するに携帯電話の着信拒否です。
日本でもやったことがないのに、やれやれです。
国が違うとメンタリティも違うようで、なかなかこちらの思いを理解してもらえません。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

こちらでは散歩に出たり、町に出たりすると、日々こんな感じの人たちと付き合っております。
ごくふつうの人たちです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
私のホテルの若きスタッフです。人なつこい子です。去年も会っています。が、来年はいないそうです。別の仕事をめざしているそうです。セールスの仕事につきたいんだとか。
b0034159_17113184.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
b0034159_17115176.jpg
b0034159_17121384.jpg
b0034159_17123022.jpg
b0034159_171382.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
とある母親と娘ではありません。まだ10代の女子大生です。チビはその姪御さんです。
成績優秀な学生さんだそうですが、若くして心臓疾患に苦しんでいます。
b0034159_17133070.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

こちらはひたすら陽気な高校生です。
いつもニコニコ、何を考えているのか、さっぱりわかりません、ハイ。
b0034159_1713569.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
この下のご夫妻といいますか、ご主人のレイなる人物については触れておきましょう。
毎日のように訪ねている家です。
いわゆる遊び友だち、飲み友だちというやつです。2年来の知り合いです。
妙齢の8人の娘さんがおります。
美人姉妹と近所でも評判の家です。これで私が彼をよく訪ねる理由がおわかりでしょう。

そうそう、この写真のすぐ上、ソファに座ってほほえんでいる黒いシャツの女の子が、レイの末娘です。
15歳の高校生です。
勉強はイマイチですが、料理がとても上手で、将来の夢は小さなレストランを持つことです。
どなたか出資しませんか?
多分、数十万円の出資で十分でしょう。
投資として悪くないですよ。

で、レイはこちらでの最高級のホテル、シャングリラホテルのハウスキーピング係です。
私はしばらくしたら、しばしシャングリラホテルに滞在します。

で、そのシャングリラホテルのデューティーマネージャーに「私の部屋の係は、必ずレイ・ラガルディにしてほしい」と申し込んだばかりです。
最高にいい奴です。私と飲んで、おごってくれるフィリピーノなんて、私の人生でほんの2、3人しかいませんもの。
b0034159_17142548.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
クララ、15歳、高校生です。
私はアジア各国で奨学金制度を運営しており、ここセブ島でも複数の子供さんに学費を提供しているのですが、この子はそのひとりです。
とても頭のいい娘さんで、看護士をめざしています。
母子家庭です。父親を知りません。
2日前に母親が失職したばかりです。次のあてがまだないそうです。学費は日本から送られてくるものの、一家の生計のめどが立っていないので、どうなりますことやら。
まあ、フィリピンではよくあることです。
b0034159_17153599.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
拙作小説の舞台化「悪戦」は前売り絶好調だそうです。
満席の回が目白押しだそうです。
地方公演、テレビドラマ化、映画化、ありでしょうか?
あってほしいものです。なんとかしましょう。
b0034159_17182496.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

このすぐ右に見えているのが、私が借りているコテージです。
海の真ん前です。景色は申し分ありません。
訪ねてきた友人が揶揄しました。
「気分だけはヘミングウェーでしょう」
うるせえ!!

b0034159_17394219.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
毎朝6時半前に起きだし、窓から差しこむ朝日を浴びながら、窓の前に見えている大海原をながめながら、即行で執筆態勢に突入です。
朝食は9時半過ぎ、で、夕方までまた机に向かいます。
どうです、マジメそうでしょう?
で、夕方以降は……。

ちゃんと仕事をやってはいますが、日本にいる時のように、しゃかりきになることはなく、
こちらでは、いい意味で、やや脱力モード、
日本国内では勤勉な私にはありえないズサ~~~~~~~モードですね。
ということで。



b0034159_17321098.jpg
b0034159_17322065.jpg
b0034159_1732286.jpg
b0034159_17323684.jpg
b0034159_17324538.jpg
b0034159_17325342.jpg
b0034159_1733423.jpg
b0034159_17331441.jpg
b0034159_17332219.jpg
b0034159_17333097.jpg
b0034159_17333989.jpg
b0034159_17334811.jpg
b0034159_17335689.jpg
b0034159_1734631.jpg
b0034159_17341680.jpg
b0034159_1734254.jpg
b0034159_17343314.jpg
b0034159_17354035.jpg
b0034159_1735492.jpg
b0034159_17355832.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2009-03-08 09:32 | 動物 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://uchiyamaya.exblog.jp/tb/10233880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by どい at 2009-03-09 00:21 x
3/2~5でお世話に会った土井です。
先日は色々案内していただき、ありがとうございました。
内山さんのおかげで、今回の旅行が何倍も楽しいものになりました。
御礼が遅くなってしまい申し訳ありません。

連絡先が分からなかったので、コメント欄に書かせていただきました。
Commented by uchiyamayasuo at 2009-03-09 00:38
内山安雄です。
土井様、楽しんでいただけたのでしたら何よりです。
また、お会いしましょう。
Commented by ayako at 2009-03-14 12:49 x
初めまして~\(^^)/

ブログの更新いつも楽しみにしてます。
これからも頑張ってくださぁい~(^▽^)
<< 3.15 (SUN)  セブ... 3.1(SUN) 家々 /... >>