カテゴリ:子供たち( 169 )

ラオスの奨学生 / a scholar in Laos

我が奨学金制度の第一号、ラオスのブーちゃんについての照会が多いので再度触れましょう。この子がすごいのは9才で父親を病気で亡くした時、すでに「パパを看取ってくれたお医者さんのようになりたい!必ず医者になるから応援して!」とウチヤマに宣言して、一度もぶれることなく、初志貫徹、医師として地域医療に貢献していることです。
この子の意志の強さには感嘆します。13歳の時にタイ国境のバス停で私と4年ぶりに再会したのですが、いつ国境を越えてくるとも知れない私のことを前日から丸一昼夜、私を見過ごしてはいけないということで物陰に立ちつくして寝ないで待っていたというではないですか。私の誇りとする娘です。心残りは、幼い奨学生のブーちゃんに「結婚式の全ての費用をだしてあげる」と約束していたのですが、物価急騰により、減額せざるを得なかったことです。アハハハ。
She has realized a dream from the young time by original intention accomplishment and now contributes to a community medicine in Laos. The best model of our scholarship fundation.

b0034159_10105753.jpg
b0034159_10111075.jpg
b0034159_10112120.jpg





第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by uchiyamayasuo | 2018-01-14 10:12 | 子供たち | Trackback | Comments(0)

奨学生の困ったちゃん 

奨学金制度をやっていると、時に思いがけないことが起きます。
秘書が何度も要求しているのに、いっこうに成績表を提出しない子供がいるのです。
成績が悪いというわけでもないのに、それが奨学金の給付に不可欠だというのに。う~~ん、困りましたね。
何を考えているのか、わからない、それも子供というものでしょうか? アハハハハ。
Our scholars in the Philippines.

b0034159_11550382.jpg





第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by uchiyamayasuo | 2018-01-11 11:55 | 子供たち | Trackback | Comments(0)

奨学生への言葉 / a message to my scholars

To our scholars.
If I have to finish 'Uchiyama Asia Education Fundation' in the future, or if I go to the heaven someday, you can forget me sooner or later.
Perhaps you may forget evreything about the sponsor who has been supporting you for a long while.
That is unavoidable. It is a human being.
But do not forget that someone of somewhere have tried to help you in this world. Thanks....
我が奨学生たちへ。
いつの日にか、もしも私が「内山アジア教育基金」をやめたら、もしも私が死んだら、すぐに私のことなど忘れてもかまわないよ。あなたを支援してきたスポンサーのことも遅かれ早かれ忘れてしまうだろう。それは仕方がないことなのだ、人間なのだから。
でも、この世界で、ある時に、どこかの誰かが、あなたを助けようとしただけことは忘れないでほしい。

b0034159_00032728.jpg






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by uchiyamayasuo | 2017-12-28 00:03 | 子供たち | Trackback | Comments(0)

クリスマスパーティ / X"mas party of our scholars

b0034159_11133614.jpg
フィリピンの奨学生たち、今日のクリスマスパーティです。
Today"s Christmas party of our wonderful Scholars in Cebu island.
b0034159_11124650.jpg
b0034159_11130680.jpg








第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by uchiyamayasuo | 2017-12-26 11:14 | 子供たち | Trackback | Comments(0)

ハニーちゃんとクリスマス / A Christmas party



墓場で暮らすという日々を送る奨学生のハニーちゃんには、どうしても特別に目をかけるということになりますね。もう16歳になるはずですが、長らく未就学だったので、まだ小学校の3年生です。
そのハニーちゃんからメッセージあり、元気でやっている、とのことです。
間もなく今年もセブ島で恒例の「内山アジア教育基金」のクリスマスパーティが挙行されます。
もちろんハニーちゃんもセブ島の本島からパーティ会場のマクタン島に、我が秘書に連れられて参加します。

今年もこれまた恒例の奨学生お揃いのTシャツがプレゼントされます。今年のシャツのカラーはライトグリーンだそうですよ。祝祝祝祝!
Our fundation of scholarship will host a Christmas party in Cebu soon. We will present them same T-shirts. The colour of shirts for this year is light green.

ラスト、3枚目の写真は、住まいのある墓場の中で盛業中の雑貨屋の前に立つハニーちゃんです。
墓地の中に雑貨屋というのがフィリピンらしいでしょうか。

b0034159_10590202.jpg
b0034159_11342819.jpg
b0034159_08152807.jpg










[PR]
by uchiyamayasuo | 2017-12-09 10:59 | 子供たち | Trackback | Comments(0)

サンドロ少年 / Sandro,our scholar

小さな小さな奨学生のサンドロ少年、16才になりますが、身長は90センチあるかないかでしょう。身長は伸びませんけど、成績はぐんぐん伸びています。支援開始から3年間、常にビリケツでした。が、去年から上位クラスに食いこみ、直近ではトップクラスなんだとか。
先ほど、本人いわく、「間もなく学校でトップになってみせます。大学まで面倒見てくださいよ、ウチヤマのお父さん」
祝祝祝祝!
This scholar has recently tried his best. The gradelist is nice. Good job!

b0034159_20430807.jpg



[PR]
by uchiyamayasuo | 2017-11-29 20:43 | 子供たち | Trackback | Comments(0)

奨学生の候補 / A candidate of scholars

「内山アジア教育基金」には常に多くの応募があります。 今朝はこんな可愛らしいフィリピーナから。マリエルちゃん、14才の中学生、 成績は平均点で94点、ずっと圧倒的に学年トップです。 極貧に近い暮らしです。こんなふうにして、「内山アジア教育基金」の噂を聞きつけて応募が殺到です。が、奨学生になるのは簡単ではありません。いくつもの関門が。でも、この子の場合、条件の全てをクリアしていますね。あとは学校長の、担任の、街道委員会の、私の秘書の推薦が、さらに家庭訪問、両親の面接などが必 要です。 大事な預かり金ですから、簡単にはいきませんよ。 1ヶ月3150円、もしくは1575円の支援です。マリエルちゃんを支援したい、個人的に付き合って育ててみたい、という方、いつでも大歓迎です。One of our future scholars,now a candidate of next year.


b0034159_15375483.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2017-11-23 15:38 | 子供たち | Trackback | Comments(0)

アンジー / Angie

女子大生の妊娠騒動はさておき。

アンジーは、奨学金制度では初期から面倒を見てきたフィリピーナです。幼児期から、とてもおしゃまで社交的でした。ニックネームは「おちび」。
超優等生で常にどの学年でもトップ、医者になりたかったのですが、貧しい家庭ゆえに学費の工面がつかず、我々の援助で有名私立の看護学科に。
で、地域医療に貢献すべく、薄給に甘んじて今では離島で働いています。自慢できる奨学生の1人です。
She had been one of our scholars in the early stage of our fundation.
So smart and devoted to weak and poor people as a nurse. Great! We are so proud of her.

b0034159_18550656.jpg
b0034159_18551824.jpg




[PR]
by uchiyamayasuo | 2017-11-21 18:55 | 子供たち | Trackback | Comments(0)

再度、奨学生の妊娠問題で 

再度です。
長らく支援してきた奨学生が初ケースですが、妊娠しました、
で、両親は、すぐに退学しろ、と。
が、本人はこのまま大学を続けたい、卒業したい、と。
私としては選択、決定しなければなりません、彼女の処遇を。
愛でてきた、からといって、きれい事では済まされないのです。
これからも同じような問題があるかも、でしょうから。
我が奨学金の指針が問われているようです。
で、ここでちゃんと指針を出さなければならないようです。ウ~~~ン! 困っています。

b0034159_21190373.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2017-11-18 11:23 | 子供たち | Trackback | Comments(0)

ある奨学生の妊娠 / One of our scholars is pregnant.

奨学金を主宰しているといろんなことが起きます。特に女の子の妊娠問題です。
17歳のフィリピーナのメリー、大学の2年生、我が奨学生で、ゴムまりのようにむちむちしていて、美少女です。
内山安雄になついており、よくガイドをしてくれるので、ずっと可愛がってきました。
「美人なんだから、乗り逃げ大好きのフィリピン野郎には注意!」というたびに、「結婚するまで処女でいますから」とのいいお返事。
が、昨日になって妊娠が発覚、と現地秘書より連絡あり。う~ん、身も心もオープンなフィリピーナですからね。

妊娠7ヶ月のメリー本人からも先ほどメールあり。
家族には猛反対されているけど、子育てしながら、大学を卒業したいから援助を打ち切らないで、とのことです。
強い意志を持って頑張ってくれ!

b0034159_21190520.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2017-11-16 10:21 | 子供たち | Trackback | Comments(0)