<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

4.29(SUN)  小説のタイトルの付け方 &人マネする動物たち / mimicry of animals

私の次の小説は、講談社から6月20日に発売になることが決定しています。問題はタイトルです。私はこれまで40冊ほどの本を出版していますが、タイトルほどむずかしいものはないですね。そのうち、自分で決めたものは10冊しかないのです。
次作は、作者の私も納得して、「アレ探し15日間戦争」とほぼ決まっておりました。
が、反対意見多々で、見直すことに。私の判断ミスでした。
その件で先ほど(5月2日の深夜)、担当編集者から、「私の判断ミスで不愉快な思いをさせまして、申し訳ございませんでした」というメールがきました。
不愉快な思い? 判断ミス? それは編集者の責任ではないです。小説家と編集者というのは、ある意味で一心同体なのです。ですから、小説というのは、私にとって編集者との共同作業であり、共同責任の仕事であります。なんだか、若い彼に悪いことをしたような気がしています。
で、担当編集者と協議の結果、「グローイング・ジュニア」で決定です。
昭和36年の北海道の農村を舞台にしています。驚異的なIQ150の10才の悪ガキの、性に目覚める、ひと夏が作品の骨子です。友情、初恋、家族の軋轢、過疎、暴力など、今日に通じる問題を多角的に描いています。ありきたりな青春小説とか成長小説ではありません。
奇想天外な物語です。笑えます、泣けます。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
小説の命とは、価値とは、文章力よりも、ストーリーよりも、個性、オリジナリティだと思います。つまり人マネでは、二番煎じでは決して読者に受け入れてもらえないということです。それだけは、はっきりといえます。
プロの物書きをめざしているという若い方々によく会いますし、相談を受けますが、肝心なのは個性です。自分だけの文体、世界を持っていること、それが全てでして、テクニックとかではないのです。ほどほどに文章がうまいとか、ストーリーが面白いとか、何かに詳しいとか、それではプロにはなれないのです。もし、たまたまなれたとしても、プロとして長くは生きられないのではないでしょうか。そういう例をたくさん見てきました。
よって今回のテーマは「人マネ」です。なお画像の一部はworth1000様からの借用です。
b0034159_19591053.jpg
b0034159_19592455.jpg
b0034159_19593888.jpg
b0034159_19595255.jpg
b0034159_200795.jpg
b0034159_2002792.jpg
b0034159_200455.jpg
b0034159_201077.jpg
b0034159_2011560.jpg
b0034159_2012978.jpg
b0034159_201448.jpg
b0034159_2015914.jpg
b0034159_2022523.jpg
b0034159_202401.jpg
b0034159_2025613.jpg
b0034159_2031175.jpg
b0034159_2032632.jpg
b0034159_2034389.jpg
b0034159_2041024.jpg
b0034159_2042463.jpg
b0034159_2043959.jpg
b0034159_204532.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2007-04-29 00:27 | 動物 | Trackback | Comments(0)

4.25(Wed) 二足歩行するネコ / Bipedal Locomotion Cats

ふと二足歩行で話題になったレッサーパンダの風太クンのことを思い出しました。今回の更新はそこから始まります。
b0034159_1232887.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
実は二足歩行のできる動物というのは、少しもめずらしくないのです。
我々になじみの深いネコは、北アフリカが原産地なのですが、原始時代にルーツを持つネコは、当たり前のように二足歩行が可能なんです。
そもそも我々の身近にいるネコだって、ある種の利口な野良猫集団は、人間が見ていないところでは、深夜の食糧補給会議の時など、ふつうに堂々と二足歩行をやっているのです。
人間の前では、可愛がられ、エサをもらうために、文字どおりネコをかぶって、四つ足歩行しているにすぎないのです。ネコに騙されてはいけません。
私の実家のネコなんて、すごいですよ。田舎で日頃から足腰をきたえていますから、エサをねだって、強力な後ろ足のバネを使って、何メートルでも二足歩行で追いかけてきます。
b0034159_14125814.jpg
b0034159_14131477.jpg
b0034159_14132581.jpg
b0034159_14133961.jpg
b0034159_14135263.jpg
b0034159_1414572.jpg
b0034159_14142147.jpg
b0034159_14184714.jpg
b0034159_1419446.jpg
b0034159_14191881.jpg
b0034159_14193178.jpg
b0034159_14194544.jpg
b0034159_14201466.jpg
b0034159_14202769.jpg
b0034159_14204779.jpg
b0034159_1421373.jpg
b0034159_14211777.jpg
b0034159_14213232.jpg
b0034159_14214496.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2007-04-25 01:31 | 動物 | Trackback | Comments(0)

4.20(Fri) 仲よし / best friends

下手の横好きで私がテニスを始めてから、もう20数年になります。
今も東宝テニスクラブというところに所属して、平均すると1ヶ月に6回はコートに立っている勘定です。
で、まだテニスを始めて間もない頃に出会った仲間と、なんと20年ぶりに新宿の飲み屋で会って、旧交を温めたのです。
大半のメンバーとは20年ぶりの再会でした。
なんでこんな飲み会を催したのか?
実は私は昔、テニスサークルの幹事というか、会計係だったのです。
が、そのサークルが自然消滅したので、また私は海外で暮らすことが多くなったので、私が会費の残りをあずかったままになっていたのです。
で、引っ越しやら何やらで、いくらお金をあずかっているのか、いくら残っているのか、わからなくなっていたのです。
が、最近、部屋を掃除していたら、当時の黄ばんだ帳簿が出てきまして、残金が2万円少々あることが判明しました。
もちろんネコババするわけにはいかないので、連絡のつく昔の仲間を招集し、その残金を飲み代に充当したわけです。
懐かしかったですね。一緒にテニスに興じていた10代、20代の若者が、いつの間にか、ほぼ全員が40代のオジさん、オバさんです。
ちなみにテニスを続けているのは、この私だけでした。
今では道はもちろん、趣味もすっかり違い、もう何も共通項のない昔の仲間ですが、会えばやっぱり友だちのままなんです。

6月20日に講談社から刊行になる私の青春小説も、そんな友情がテーマの作品です。
タイトルは「グローイングジュニア」もしくは「ビーバーを探して」のどちらかになりそうです。
さて、どっちがいいでしょうか?
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
と上記のように書いたのは4月20日のことです。
そして、今日は4月23日です。先ほどゲラが出てきて、タイトルが決まりました。
「アレ探し15日間戦争」です。どうでしょうか?直球勝負のタイトルにしよう、ということに。
驚異的に高いIQを持った10才の少年の性に目覚める頃、というような帯になるはずです。
b0034159_11133254.jpg
b0034159_11134512.jpg
b0034159_1113583.jpg
b0034159_11141090.jpg
b0034159_11142381.jpg
b0034159_1114358.jpg
b0034159_11144689.jpg
b0034159_11145985.jpg
b0034159_11151441.jpg
b0034159_11153837.jpg
b0034159_11155115.jpg
b0034159_1116348.jpg
b0034159_11161620.jpg
b0034159_1116294.jpg
b0034159_11165326.jpg
b0034159_1117730.jpg
b0034159_11172057.jpg
b0034159_11173530.jpg
b0034159_11174859.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2007-04-20 00:22 | 動物 | Trackback | Comments(0)

4.16(Mon.)  家 / houses

住むということに関して、つい最近まで仕事で滞在していたフィリピンでしばし考えました。
現地に行ったところ、到着して24時間以内に、私の最悪の花粉症が、たちどころに治りました。
だったら、来年からそういう国で花粉症のシーズンだけでも暮らしたら、と考えたわけです。
実行しようと今、真剣に考えています。
しょせんは家です。
連載が主体の物書きの私の場合はどこにいても、どんな家に住んでも同じようなものです。
日本にいる必要は特にないのです。しょぼいマンションに閉じこもっている必然はないわけです。
モバイルPCさえあれば、世界のどこにいてもかまわないのです。
だったら、今回行ってきたフィリピンで、毎年3月の1ヶ月間、ビーチ沿いのコンドミニアムを借りて、執筆に専念するというのはどうでしょう。
エアコン、家具付きの部屋が2万ペソ(5万円)、そしてメイドさんを5000ペソ(1万2千5百円)で雇えるそうですから、日本にいるよりもよほど快適な環境のような気がします。
来年の春には本気で考えてみます。
よって今回のテーマは、「家」です。
b0034159_19254760.jpg
b0034159_1926323.jpg
b0034159_19261696.jpg
b0034159_19262913.jpg
b0034159_19264645.jpg
b0034159_1927260.jpg
b0034159_19271659.jpg
b0034159_19273027.jpg
b0034159_192743100.jpg
b0034159_19275664.jpg
b0034159_19281028.jpg
b0034159_19282144.jpg
b0034159_1928345.jpg
b0034159_19285131.jpg
b0034159_1929565.jpg
b0034159_19291722.jpg
b0034159_19293155.jpg
b0034159_19294441.jpg
b0034159_1929567.jpg
b0034159_1930934.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2007-04-16 01:33 | 珍品 | Trackback | Comments(0)

4.11(Wed. ) 笑う門には福来たる  / smiling animals

モバイルPCを酔っ払って歩道に落下させ、完全に壊してから、10日ほど経過します。
わかったことは、とても運の悪い事故でして、私のモバイルはふつうそんな簡単には壊れないタイプのものらしいのです。
私のPC師匠にして、テニス友だちによれば、「テニスで転倒して、たまたま死んだような確率の事故」だそうです。
日頃の行いが悪いと、こういう不運に見舞われるということでしょうか。
まあ、笑って忘れるしかないですね。
で、今回のテーマは笑い、お笑いです、笑う動物たち、です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
このすぐ下の写真、冒頭の白人女性と微笑んでいるらしきロバの写真のみ、私の身近な関係者のものです。
実はロバと一緒に写っている彼女、その昔、私がパリでチンピラをやっていた頃に、世話になった女性、一緒に暮らしたことのある仲よしの女性なのです。
今なお最高の女友だちでして、よく電話で話したり、メールをしたりしています。
エコール・ド・ボザールこと国立パリ美術大学をトップで卒業し、今はイラストレーター、そしてアート系のモデルをやっている女性です。もう彼女との付き合い、26年にもなるんですね。
そういえば、彼女は私の長編デビュー作「エトワールに銃口を」に、本名のRozsa FUTO
として登場しているんです。ある意味で、小さな意味かもしれませんが、私の物書き人生の強烈に関わった方々のひとりかもしれません。
b0034159_12174661.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
b0034159_12175818.jpg
b0034159_1218946.jpg
b0034159_12181939.jpg
b0034159_12183083.jpg
b0034159_12184196.jpg
b0034159_12185430.jpg
b0034159_1219461.jpg
b0034159_12191579.jpg
b0034159_12192731.jpg
b0034159_12193825.jpg
b0034159_12194812.jpg
b0034159_12195817.jpg
b0034159_12201177.jpg
b0034159_1220222.jpg
b0034159_122032100.jpg
b0034159_12204346.jpg
b0034159_12205483.jpg
b0034159_1221439.jpg
b0034159_12211615.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2007-04-11 01:29 | 動物 | Trackback | Comments(0)

4.6(Fri.) パソコンとアクシデント / PC and accidents

まずは、前回のブログにあります「どの子が、私のフィリピンにいる娘でしょう?」なる問題の解答発表です。
いません!
更新日を見てください。
4月1日、つまり、まあ、そういうことです。
多くの解答をお寄せいただきまして、お騒がせ恐縮です。
が、ウチヤマには他に間違いなく隠し子がいる、という説が有力なのですが、いかがでしょうか。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
フィリピン取材というか、フィリピン周遊というか、とにかく帰国して、日常に復帰しています。
で、現地にはモバイルPCを持参し、夜な夜な盛り場に出動する前に、ホテルやカフェなどでまじめに原稿を執筆し、せっせと飲み代を稼いでおりました。
命の次に大事なPCですから、メイドにも、友人にも、誰にも触らせないようにしていました。
何事もなく、PCを持ち帰りました。

そして帰国の翌日、私のノンフィクション本を参考にして、番組を作りたいというテレビの演出家に会うことに。現地での取材の成果を見てもらうために、写真を取りこんだ、そのモバイルPCを打ち合わせの場所に持参しました。
そして真夜中、酔っぱらって、ひとりになって、ふらふらと新宿を歩いていたところが、
手を滑らせて、PCが歩道に落下!

緩衝材入りの特製バッグ、さらにはふつうのバッグで二重に包んでいたので、故障するわけがない、そう信じて帰宅しました。で、念のためにPCを起動させてみると、な、な、なんと
「OSが破損しました。よって起動しません」
の表示がディスプレイに堂々と!!
専門家に調べてもらったところ、ハードディスクが全損、OSも完全消失、他のありとあらゆるアプリケーションも全損、要するにPCが単なる鉄の箱になったのだ!!
一昼夜、泣きました。
三日間、寝こみました。
購入して、まだ1ヶ月半です!
生きる希望を失いかけました。
教訓
「どんなに大切な女房、子供、愛人より、モバイルPCはさらにやさしく大切に扱うべし。
酔って○○をいじるのはいいが、モバイルPCはいじるべからず」
b0034159_19365720.gif
b0034159_19371169.jpg
b0034159_1937255.jpg
b0034159_19373821.jpg
b0034159_19375018.jpg
b0034159_1938235.jpg
b0034159_19381533.jpg
b0034159_19382963.jpg
b0034159_19384163.gif
b0034159_19385694.jpg
b0034159_1939952.jpg
b0034159_1939258.jpg
b0034159_1939391.jpg
b0034159_19395290.jpg
b0034159_19401286.jpg
b0034159_19402562.jpg
b0034159_19404643.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
今回の事故を教訓に、ここまで強靱なPC、是非ともほしいものです。
b0034159_1942493.jpg
b0034159_19431025.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2007-04-06 00:18 | パソコン | Trackback | Comments(0)

4.1(Sun)  私の娘がフィリピンにいた! & 今昔  / the change of the times 

フィリピン取材から戻ったばかりです。
私が初めてフィリピンを訪れてから、すでに32年の歳月が経過しています。その間、いろんなことがありました。現地の女子大生と、不惑の40前後の数年間、一緒に暮らし、なんの因果なのか、わけありでマニラやセブ島で薬局を経営していたこともあります。首都の学生街で、女子学生会館を経営していたこともあります。その経緯は、拙作「フィリピンフール」(ハルキ文庫)に詳しいです。
数え切れないほどの回数、フィリピンには渡航しています。そんなわけですから、現地の女性との色恋多々。その結果として、子供のひとりや2人、いても当たり前でしょう。

で、現地で行方不明になっていた実子を長期間にわたって探していたところ、先日ついに発見!!!
娘がすくすくと育っておりました。祝祝祝祝!!
さて、ここで問題です。下記に今回の旅で、4人の女の子と一緒に撮った写真があります。
私こと、内山安雄の本当の娘はどの子でしょうか??
あっ、どうか私のむさ苦しいオヤジ顔、酔っぱらい顔は無視して、見ないでください。筆者の顔にだけ、モザイクか墨でも入れようかと思ったのですが、それもあんまりでしょうから。
b0034159_17121291.jpg
b0034159_17123746.jpg
b0034159_17125718.jpg
b0034159_17132284.jpg


どれが私の娘なのか、おわかりになりましたか?
正解は、次のブログの更新の時に発表します。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
人間の生も時間の流れもはかないものだと思いませんか?
いつの間にか時間がすぎゆき、まだ若いと思っているうちに、気がつけば、かなり長く生きているんですね。今回のテーマは、スターたちの今昔です。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
b0034159_2018511.jpg
b0034159_20181979.jpg
b0034159_20182884.jpg
b0034159_20183727.jpg
b0034159_20184582.jpg
b0034159_20185490.jpg
b0034159_2019367.jpg
b0034159_20191455.jpg
b0034159_20192385.jpg
b0034159_20193284.jpg
b0034159_20194155.jpg
b0034159_20195079.jpg
b0034159_20195865.jpg
b0034159_2020714.jpg
b0034159_20201841.jpg
b0034159_20202727.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
そしてトリをとるのは、他でもない、あのシュワちゃんです。
シュワちゃん、さらし者にしてゴメン。ファンだし、トリということでお許しを!

b0034159_2023020.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2007-04-01 00:15 | 映画 | Comments(0)