<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2.22(SUN)  旅に出ます&自然 / grand nature

2月28日の昼下がりです。

昨日はクルーザーを貸し切って島巡りをやっておりました。
いつもの船酔いをものともせずです。気合いの入れ方が違います。
というのも、たどり着いた小さな島のバランガイを訪ねて、生活実態のリサーチ、そして日本からあずかってきた学用品の配布を子供たちを相手にやっておりました。

で、ホワイトサンドの海岸で真っ昼間から同行の演出家の水谷龍二さんと2人宴会です。
夜は町にくりだしてバランガイのリーダーの友人を訪ねて、そこでも学用品の配布事業をお願いしてきました。

さらには我が友人のIT社長さんが、そのバランガイの少年に奨学金を出しているので面談してきました。
ニコという11歳の少年で、成績は学年トップだそうです。

今回の私のセブ島滞在に際して、恵まれない子供たちへの学用品を多々提供してくださいました方々、深く深く感謝いたしております。
皆様の思いは確実に内山安雄が責任を持ってお届けいたしております。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


2月26日の朝です。
日本での癖が抜けきれず、意味もなく4時間睡眠で早朝6時に目が覚めてしまいました。

想像どおり部屋の正面が海です。
下の写真のようにバルコニーの向こうには海しか見えません。
b0034159_9124338.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

窓辺にデスクを動かしてモバイルPCをテーブルに載せて仕事を始めるとしましょう。

ところがです。
無線ラン設定にしたのですが、なぜかアウトルックが機能しません。
有線ランにしてみても同じで、アウトルックが動きません。
「プロバイダーに接続できない」という表示がでます。
よってメールはウェブメールを使うしかない状況です。
どうしたことでしょうか?
おわかりの方、ご教授をお願いします。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

2月25日の深夜です。
先ほどセブ島のヒノデ・ビーチに仲間たちを連れてチェックインしました。
で、いきなりフロントで驚きました。たまには自慢させてください。

スタッフたちと1年ぶりに再会の挨拶をしていたところ、近くにいた日本人の方が大声を出したのです。

「ウチヤマさん?? あのウチヤマさんですか?? その顔は内山安雄さんですよね!!
私、ウチヤマさんの大ファンなんです。作品、全て読んでいます!」

そのウチヤマでございます、はい。
長生きするものです、続けてみるものです。

で、海沿いの部屋をゲットしました。
今は夜ですので何も見えません。
が、明日の朝、カーテンを開けたら、そこに大海原が広がっているはずです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


今日(2月25日)、日本を離れます。ひとりではありません。
拙作の舞台化「悪戦」の演出家の水谷龍二さん、
同じテニスクラブに所属するご夫妻などと一緒に成田から飛び立ちます。
他にもいろんな友人・知人がセブ島に駆けつけます。
私は周りのみんなと楽しむことが好きなんですね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

間もなく日本を離れます。
初夏に講談社から刊行になる長編小説を脱稿し、
秋に刊行になる『人は見た目が9割』の竹内一郎さんとの共著の執筆手順を軌道に乗せ、
何はともあれ海外ロングステイに入ります。
全ては花粉症のせいです。

今朝なんぞはくしゃみで夜明けに目が覚め、その直後、くしゃみが30連発です。目が腫れ、かゆくて開けていられません。喉もかゆくて、タン吐き男と化しています。
こうなると、3年がかりで取り組んでいる減感作療法がきいているのかどうかも怪しいものです。

かくのごとく日本にいたのではあまりにも重症で、まるで仕事にならないので、いっそスギ花粉症のない国に緊急避難しようと数年前に決めたのです。よって、現地ではせいぜい執筆に励むとしましょう。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
まずは共著を出すことになりました竹内一郎さんの舞台の案内です。
ちなみに作のさいふうめいさんと演出の竹内一郎さんは同一人物です。
チラシが読みにくいでしょうが、その場合は、名前を付けてどこかに保存して、そちらで開いてもらえれば、
細かい文字まで鮮明に読み取れるはずです。
b0034159_209488.jpg
b0034159_2092271.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
こちらはおなじみの私がらみの舞台『悪戦』です。
前売り券の売れ行き絶好調だそうです。
4月4日には私の苫小牧高専の同級生が、さらに他の科の方々が大挙してやってくるのですが、
「もうこれ以上、同期生の方々の席を作るのは無理です」との連絡が制作会社から入ってきました。
ありがたいことですが、仲間向けにチケットがゲットできずに困った事態になりそうです。
b0034159_20273816.jpg


浅野温子さん主演の舞台『悪戦』の原作本である拙作『上海トラップ』はハルキ文庫版が出回っていますが、オリジナル版は立風書房から出ているんです。
版元がすでに存在しないので、当然そこから出ていた下の写真のハードカバー版は絶版になっています。
この作品を手がけてくれた編集者のNさんが観劇にきてくださるそうなので、すごく久しぶりの再会となります。
当日は私が友人たちと一緒なのでお茶だけにして、Nさんとは後日2人だけで飲もうということになっています。
ずいぶん苦労をかけた編集者です。
彼を含めて私は多くの、いい編集者に支えられてここまでやってくることができました。
謙遜でもなんでもなく、編集者に恵まれていなかったら、作家稼業をここまで続けられなかったような気がしています。物書きとしては消えていたかもしれません。多分そうなっていたでしょう。
私の才能なんてそんな程度のものです。だから感謝の思いだけは常に忘れないようにしています。

b0034159_6331122.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
私を待っているセブ島のリゾートです。ここに腰を据えて仕事に精を出すとします。
写真は「ヒノデ・ビーチ・ホテル」さんご提供のものです。
一緒に行きませんか?
ちなみに拙作『上海トラップ』の舞台化、『悪戦』を手がける水谷龍二さんと最初だけ一緒にここに滞在します。そのあとはひとりだったり、友だち、知人、編集者の方々が訪ねてきたりとにぎやかになるでしょう。
b0034159_16372749.jpg

b0034159_16374982.jpg

b0034159_1638842.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
セブ島滞在3日目にはこの船を貸し切ってクルージングに出かけることが決まっています。
野郎(水谷龍二さんです)と2人だけというのが、ちょっと悲しいです。向こうも同じことを思っているでしょうが。
b0034159_16382377.jpg


b0034159_2065389.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
というわけであちらでは自然を満喫したいので、今回のテーマは「自然」です。

b0034159_2071389.jpg
b0034159_2072297.jpg
b0034159_2073485.jpg
b0034159_2074674.jpg
b0034159_2075582.jpg
b0034159_208620.jpg
b0034159_2081535.jpg
b0034159_2082455.jpg
b0034159_2083311.jpg
b0034159_2084458.jpg
b0034159_2085580.jpg
b0034159_209564.jpg
b0034159_2091391.jpg
b0034159_2092268.jpg
b0034159_2093138.jpg
b0034159_2094041.jpg
b0034159_2094873.jpg
b0034159_2095889.jpg
b0034159_2010851.jpg
b0034159_9115518.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2009-02-22 00:12 | | Trackback | Comments(1)

2.15(SUN) 私の花粉症と植物 /  plants

拙作小説『上海トラップ』を舞台化した『悪戦』のチケット販売が開始になりました!
私が苫小牧高専の同期生や『上海トラップ』の編集者などと観劇する4月4日の夜の部などは、早くも、もう残席が2つだか3つしかないほどに売れ行きが好調でして、
あわてて仲間のために席を押さえているところです。
脚本は着々とできつつあるそうです。
b0034159_8534318.jpg
b0034159_8541313.jpg
b0034159_8543142.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
ついに花粉症が最悪の状態になってきました!
今年の完全無欠な発症は2月14日です。急に気温が上がり、強風が吹き荒れたせいです。
もう辛抱たまりません。
下の写真にあります南国の島に早く逃げ出すとします。
日本にいるのも残りわずかとなりました。が、出発日まで分刻みでトンデモ忙しいです。
で、仕事場をしばらく向こうに移します。
執筆の合間、何度かクルーザーをチャーターして、アイランドホッピングをやったり、釣りをやったり、小島に渡って、そこでバーベキューをやったりなどを予定しています。
でも、日中は6時に起きて、ずっと執筆でしょう。
課外活動は午後の遅い時間からです。

ということで、スギ花粉症からの連想で、今回のテーマは植物です。
b0034159_8544718.jpg
b0034159_855566.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

この船でクルージングに出かけます。船が私の部屋の前まで迎えにやってきます。
要するに私の仕事場は、海沿いにたっています。海まで10数メートルでしょう。
写真はヒノデ・ビーチ・ホテルさまの提供です。
b0034159_8552154.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

b0034159_9165176.jpg
b0034159_91728.jpg
b0034159_9171435.jpg
b0034159_9172597.jpg
b0034159_9175211.jpg
b0034159_918450.jpg
b0034159_9181525.jpg
b0034159_9182910.jpg
b0034159_9184029.jpg
b0034159_9185224.jpg
b0034159_919538.jpg
b0034159_919178.jpg
b0034159_9193124.jpg
b0034159_9194293.jpg
b0034159_9195574.jpg
b0034159_920668.jpg
b0034159_9202040.jpg
b0034159_9203342.jpg
b0034159_9204911.jpg
b0034159_92117.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2009-02-15 01:20 | 植物 | Trackback | Comments(2)

2.8(SUN) 共著を出す竹内一郎さんのこと&恋人たち / St. Valentine Day & lovers

今日(14日)はバレンタインデーです。
いくつになってもチョコをいただくというのは嬉しいものです。
パッケージを見ているだけで、華やいだ気分になります。
ひとつもチョコをいただけなくなったら、内山安雄も男としてお終いでしょうね。
どうか、その時が来ませんように。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

夏に講談社から上梓になります長編小説『渋谷ターン・ターン・ターン』(仮題)は、いよいよクライマックスです。このところ寝ても覚めてもその作品のことだけでして、睡眠時間もついに3時間になってきました。ドーパミンとかアドレナリンがドバドバと出ている感じです。
ヒリヒリしています。ピリピリではありません。
2つのラストシーンを考えています。
2つの違うラストシーンを書き上げて、担当編集者と相談して、どっちを採用するのか、
決めたいと思っています。
別のラストシーンになった場合は、仮題ではありますが、
本の題名は『渋谷バン・バン』になるでしょう。
どっちになるか、まだ自分でも決められませんが、読後感が相当に違ってくるのではないでしょうか。
気持ちはかなり『渋谷バン・バン』に傾いています。
なぜにバン・バンなのか?
映画『キル・ビル』の主題歌です。
1960年代から70年代にかけてのアメリカの歌姫、ナンシー・シナトラの66年のスマッシュヒットです。
My baby shot me down と歌っています。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

100万部をはるかに超える大ベストセラー『人は見た目が9割』の竹内一郎さんとの共著を執筆することが決定です。
長いお付き合いの竹内さんとガチンコ勝負をしようと誓い合っています。
2人とも燃えています。
今夜(9日)にもとにかく会おう、なんでもいいから飲もう、なんだかよくわからないけど祝杯をあげようということになっています。
飲めばわかる、ということでしょうか。

ちなみに竹内一郎さんは「非言語コミュニケーション論」の権威です。
劇団の主宰者、演出家、脚本家でもあられます。
細かい数字は失念しましたが、1千万部だったか、2千万部だったか、とにかく大ベストセラーの劇画『勝負師伝説 哲也』の原作者でもあります。
さらには大学の教授です。
多芸多才、多彩な顔をお持ちのかたです。
b0034159_23411790.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
拙作『上海トラップ』を浅野温子さん主演、水谷龍二さん演出で舞台化されるのですが、チケット発売が間もなくです。
まだ脚本が上がっておりません。が、もうすぐです。
b0034159_23422413.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
下記の数葉の写真は、間もなく私がロングステイに入りますセブ島のリゾートのものです。
ここをめざして執筆に精を出しています。

b0034159_2141284.jpg


b0034159_21414341.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
人なつこいホテルの従業員たちです。
みんな、10代の後半から20代の前半という若さです。
b0034159_21415849.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
ここが去年滞在したおりの私の執筆スペースでした。部屋の一画です。
が、今年はもっと広い書斎をゲットします。
リゾートホテル『ヒノデ・ビーチ・ホテル』のご厚意によるものです。
しっかり現地で仕事をやるとします。
b0034159_21421465.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

間もなくバレンタインデーですので。
b0034159_1612877.jpg
b0034159_1613788.jpg
b0034159_161453.jpg
b0034159_1615515.jpg
b0034159_162494.jpg
b0034159_1621589.jpg
b0034159_1622816.jpg
b0034159_1623670.jpg
b0034159_1624574.jpg
b0034159_1625510.jpg
b0034159_163446.jpg
b0034159_1631351.jpg
b0034159_1632218.jpg
b0034159_1633116.jpg
b0034159_1633861.jpg
b0034159_1634652.jpg
b0034159_1635480.jpg
b0034159_164580.jpg
b0034159_1641920.jpg
b0034159_1642855.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2009-02-08 01:44 | 恋愛 | Trackback | Comments(4)

2.1(SUN)   「上海トラップ」の舞台化のチラシ完成&睡眠中 / sleeping

明日、いや、もう今日、2月5日ですね。

夕方、渋谷のエクセル東急ホテルで某大手出版社の編集トップと打ち合わせがあります。
初の面談です、その方とは。

で、この私、内山安雄はさらなる違う分野に挑戦します。
文明批評の本、日本人論、そんな感じの本を書くことになりました。

共著を予定しており、そのパートナーの方と本日、久しぶりに長話をしました。
その方って誰かって?

はい、つい最近、全書籍の年間売上を代表する100万部をはるかに超える大ベストセラー本
「人は見た目が9割」を書かれた竹内一郎さんです。
長いお付き合いの友人です。お互いに切磋琢磨してきた仲です。
その竹内一郎さんと真剣勝負で面白い本を出すとします。
タイトルもすでに決まっています。
が、発表はまだできません。あしからずです。


b0034159_711558.jpg



 

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


別に自慢にもなりませんが、1度にまとめての睡眠時間が多くても4時間、時に3時間少々という毎日が続いています。
それもこれも新作『渋谷ターン・ターン・ターン』に集中するあまりです。
そのおかげで今回の作品は、私の物書き史上、最短の時間で脱稿できるのではないでしょうか。
最短といいましても、私の場合、1冊あげるのに1ヶ月とか2ヶ月ということはありませんが……。
2月中旬に脱稿の予定ですが、それで執筆作業が終わるわけではありません。
担当者にじっくり読んでいただき、打ち合わせであれこれ指摘を受けて、それから丸々1ヶ月かけて推敲をやるのです。
場合によっては大幅な書き直しがあるかもしれません。
1冊の小説というのは、おおむねそうやって完成を見るものです。
で、その推敲作業は、この下の写真にあります熱帯のリゾートでコテージを借りてやるのです。
向こうではさすがに今のような、寝食を忘れて執筆だけ、ということはないでしょう。
ゆったりとした気分と環境で仕事をやりたいものです。
その日々のために今は真剣勝負の毎日です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
コテージの私の部屋から、この景色を見ながらPCに向かうとします。
もうすぐ、もう少し頑張れば、ここに行けるんだ、と思いながら、日々原稿と格闘しています。
南国の海が私を励ましてくれるんですね。
b0034159_17423822.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
コテージの前、私の部屋専用のバルコニーです。
b0034159_17431047.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

拙作『上海トラップ』は、このチラシのとおり、浅野温子さん主演、水谷龍二さんの演出で舞台になります。
脚本は鋭意執筆中だそうです。
チケット発売は2月14日から、要するにまだです。          
b0034159_150217.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
     では、睡眠の話題にちなんだ更新といたします。
     熱帯の島に行ったら、ゆっくり睡眠時間を取りたいものです。
b0034159_17245652.jpg
b0034159_1725689.jpg
b0034159_1725167.jpg
b0034159_17252526.jpg
b0034159_17253443.jpg
b0034159_1725433.jpg
b0034159_17255226.jpg
b0034159_1726048.jpg
b0034159_1726895.jpg
b0034159_17261724.jpg
b0034159_17262540.jpg
b0034159_17263229.jpg
b0034159_17263994.jpg
b0034159_17264898.jpg
b0034159_1726578.jpg
b0034159_1727586.jpg
b0034159_17271560.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2009-02-01 00:57 | 動物 | Trackback | Comments(1)