<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

10.04.23 海外ロングステイとPC / computer

その昔パソコン嫌いだった私にとっても今やパソコンは仕事どころか生活の必需品です。
が、出張先では、とりわけ海外では常にPCトラブルの不安をかかえています。
で、今回の海外ロングステイでは万が一の事態、事故に備えて3台のモバイルPCをセブ島に持ちこみました。15.4インチ、13.3インチ、10.6インチです。
そこまでする必要があるのか、とお思いでしょう?
が、あるのです。去年のロングステイでは突然仕事用のPCがフリーズです。
今回も執筆専用に使っている13.3インチが現地で突然の不具合、誤作動です。
が、他に2台持参していたので、なんの心配もありません。
壊れるなら、動かないなら、勝手にしやがれ、叩き壊してくれるわい、の余裕の心境です。

ちなみに現地ではこんな環境でPCに向かっています。
窓の向こうに見えているのは大海原だけです。
ここで6月2日刊行のノンフィクション本を完成させました。祝祝祝祝!

本のタイトルは『常識人の99%は非常識である』、扶桑社からの刊行となります。
よろしくお願い申し上げます。
b0034159_1902234.jpg


私のコテージ専用バルコニーからのながめです。
この景色を見てPCに向かっていれば仕事もはかどる!?
b0034159_13252968.jpg


で、持参した中古のモバイルPC2台をセブ島の小学校&奨学金を支給している子供さんにプレゼントしたところ、狂喜乱舞してくれました。
日本では粗大ゴミ、お金を払って処分してもらうしかない中古PCですが、アジアではトンデモ喜び、大切にしてくれるんですね。
もしもふつうに作動していても、買い換えで不要になったPCがありましたら、是非ともそういう国々に送ってあげていただけませんか。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

b0034159_1253251.jpg
b0034159_12533251.gif
b0034159_12533928.jpg
b0034159_12534566.jpg
b0034159_1253527.jpg
b0034159_1254061.jpg
b0034159_1254761.jpg
b0034159_12541640.jpg
b0034159_12542387.jpg
b0034159_12543021.jpg
b0034159_12543628.jpg
b0034159_12544397.jpg
b0034159_12544986.jpg
b0034159_12545637.jpg
b0034159_1255940.jpg
b0034159_12551781.jpg
b0034159_12552422.jpg
b0034159_12553212.jpg
b0034159_12554090.jpg
b0034159_12554723.jpg
b0034159_12555417.jpg
b0034159_1256214.jpg
b0034159_1256117.jpg
b0034159_12561946.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2010-04-23 02:48 | パソコン | Trackback | Comments(1)

10.04.19 海外ロングステイ & 自然 / nature

今は4月19日です。
セブ島でのことですが、久しぶりに強盗に遭遇しました。
乗り合いジープことジプニーの車内でのことです。午後10時のことです。

たまたま乗り合わせた、獲物を物色中の3人組の強盗に取り囲まれたのですが、瞬時に「やられる!」と気づきました。
で、襲いかかるタイミングを狙っている敵の隙をうかがい、間合いを取って、とっさに車から飛び降りました!
その秘術とは?
強盗を相手に「あっち向いてホイ!」です。奇策です。

ちょっとした油断がありましたね、私のほうにです。危ない、危ない。
b0034159_1772963.jpg


最後に強盗にやられたのは7年前、マニラでの取材中のことです。それが人生で6回目の強盗です。
もちろん小説界では新記録です。
また今回、不名誉な記録を更新するところでした。やれやれ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

4月9日、奨学金の候補生をひとり、男児ですが、女の子たちの後ろに追加しましたので、お目汚しにです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

4月5日の夜です。
私がアジアで手がけている奨学金制度の話の続きです。
滞在中のフィリピンでは男児の奨学生をすでに複数、新たに選抜しました。

が、なぜか、いや、わからないではないのですが、フィリピンというと女の子が愛らしい、健気、かわいらしいというイメージがあるのでしょうか、どちらかというと女の子に奨学金を提供してもいいかな、という日本のお母さん、お父さんが多々です。
で、ここに奨学生候補ともいうべき女の子たちを紹介いたします。
清く貧しくも勉強を続けたいが、それができるかどうかわからないという貧しい家庭の娘さんたちです。
ひとりにつき毎月総額で3150円の奨学金を提供してくださる方を熱烈に募集中です。

まずはスゼットちゃん、小太りの10才です。母親はお針子さんで、かなり苦しい暮らしです。1日13時間働いても、かつかつの生活だそうです。
スゼットは学年で2番の優等生です。全教科の平均点が87点です。きわめて優秀ということです。
父親のことをまったく知りません。いつもニコニコしている女の子です。
性格は素直そのものです。
b0034159_2049282.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
サンデー、17才。高校を卒業したのですが、掘っ立て小屋の暮らしなので大学進学のために、これから学費をためなければならないそうです。上の子が順番待ちをしているので、サンデーに進学の順番が回ってくるのは、このままでは何年も先になるかもしれません。
人なつこい笑顔が特徴ですが、どちらかというとおとなしい娘さんです。引っ込み思案といっていいかもしれません。成績は文句なく優秀です。
b0034159_21132854.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
マジョリー、15才。性格も顔立ちもファニーです。とても活発な今どきの女の子です。よく遊び、よく学べというタイプです。昨日、マジョリーは、私が特別に来賓として招待された高校を卒業したばかりです。ちなみにこっちでは高校は15才か16才で卒業です。日本のような633制ではなく、64制です。
b0034159_20515359.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
最後にやはり男の子でいきましょうか。
7歳、バンバン君です。一両日中に面接することになっています。
とても優秀な子供さんだという推薦が届いています。里親を熱烈募集中です。よろしくお願いいたします。
b0034159_22425242.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
あさって、4月5日、現地の友人の子供たち3人が揃って卒業式を迎えます。1ダース、12人の子だくさんの家です。

b0034159_20331284.jpg



で、それぞれスポンサーがついてお祝いをやるのですが、私は高校を卒業する末娘をながらく可愛がっておりますので、当然その子のスポンサーです。
一緒に現地入りした私の友人は大学を卒業するお嬢さんのスポンサーに。
まあ、男としては可愛い女の子に甘いわけです。
結果として、末っ子でひとり息子にだけスポンサーがつきません。ああ、無情です。
このわんぱく小僧です。よく私の荷物運びをやってくれています。
すっかり落ちこんでいるので、日本人のスポンサーを探してやることにしました。すると即行、名乗りを上げる女性が登場です。わんぱく小僧、狂喜乱舞です。
b0034159_2031170.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

私がアジアのいくつかの国々で手がけております奨学金制度の話です。
セブ島で新たに奨学生を選びました。これから里親探しです。
で、さっそく応募いただきました里親希望の方には下記のようなお願い状を送付させていただいております。
まずは奨学生に決まったステフェン・マフサイ君とさなか売りのお母さんです。
b0034159_8402733.jpg


○○様、
さっそく奨学金の件で連絡をいただきましてありがとうございます。

まずはシステムみたいなことから説明させてください。
ご存じのように私はこれまでアジアの国々でお世話になり、物書きとして生き延びてきましたので、
少しは恩返し、罪滅ぼしを、と思って始めた奨学金制度です。

で、原則は特定のスポンサー(たとえば○○様)が、特定の子供(今ですとステフェン・マフサイ君です)に奨学金を出して、個人的な関係を築いてもらいたいのです。

そのために送金があるたびに子供さんからスポンサーに自分のことばで感謝の思いを伝えることを義務にしています。
それができない子供さん、親御さんではダメなのです。
あくまでも個人的な関係で、スポンサーと子供さんとは末永く付き合っていただきたいのです。
学業を終了するまで奨学金を出していただくのを原則としています。
が、そのあたりはスポンサーにもいろんな事情がありますので、あくまでもお願いのレベルです。

で、奨学生は男児のみに限定しています。
女児もやっているのですが、女の子の場合、年頃になって彼氏ができると別の用途に金が使われるケース多々ですので、
今は男児限定です。
○○様がどうしてもフィリピーナを、ということでしたら、
なんなりとおっしゃってください。

年齢的には小学生にしています。
高校生、大学生になりますと、1か月最低3150円の送金ではとてもたりなくなってしまうそうなので。

で、貧しい家庭であることはもちろんです。
その奨学金があるからこそ安心して勉強を続けられる、そうでなければ学業中断の可能性のある子供さんを選んでいます。

で、最も大事なのは貧しいことよりも優秀な子供であること、つまり学年トップクラスであることが条件です。
そのほうが仕送りのしがいのある奨学金制度であろう、というコンセプトです。

さらに「自分だけのためではなく、公共心のある子供であること、人の役に立つ大人になりたいと思っている子供」を探しています。
こればかりは本人の問題ですから、その自覚に任せるしかありませんけど。

そういった条件を充たす子供さんとして、
ステフェン・マフサイ君を選抜しました。

父親は漁師上がり、心臓病のため今は無職に近い状態です。
母親は魚売りのおばさんです。写真はその2人です。
上に3人の姉妹がおりまして、その優秀な3人で一家の家計を支えています。
そのおかげで母親は今では魚売りよりも主婦業に専念しているそうです。

こういう男の子ですが、いかがでしょうか?
○○様の希望があれば、なんなりとおっしゃってください。
じかに送金することも、会うことも、メールのやりとりをすることも可能です。
要するに里親の好きなように、無理のない援助を、
がモットーの奨学金制度です。

マフサイ一家には○○様からの連絡を待ちまして、
それから先方と話をするようにいたしますので、
よろしくお願いいたします。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
他でもない4月1日の夕方です。
昼から外出しておりまして、趣味の闘鶏をやっていました。で、賭けたところ、3回目にヒット、的中してなんと10万ペソ(20万円)をゲットです!! 祝祝祝祝祝祝!! 



で、それを元手にダメ元で闘鶏を2羽買いつけて胴元として賭けたところ、これまたヒットして、5万ペソをゲットです! 祝祝祝祝祝祝!!
こんな幸運があっていいものでしょうか? 
あっていいのです、善行を積んできましたから。

b0034159_1649779.jpg



さらにです、闘鶏場を出て、子供が売っていたロトを買ってめくってみると、これまた大当たりで2万ペソをヒットさせました。
なんという偶然でしょう。アンビリーバボーです。
こんなことってあるんですね。長生きしてみるものです。

で、さらにです。嘘のような、冗談のような幸運が続いたのです。

とどめにその場で当落がわかるタイプの宝くじを購入したところ、驚くなかれ、豪気にも50万ペソ、100万円をヒット!!! 大ヒットの10乗です。 祝祝祝祝祝祝!! 祝祝祝祝祝祝!! 祝祝祝祝祝祝!!

で、これらの賞金の全てを奨学金制度に使うことに決めました、よい物書きの内山安雄ですから。


で、大金を手に持ってガードマンを雇い入れて帰路についたところ、
な、なんと車に衝突、ありがたくもない大ヒット!!!!

持っていたキャッシュの全てが宙に舞い上がり、どこかに飛んでいってしまいました!!!!
なんてこった!!!!


        ↓
      


        ↓





    今日はエイプリル・フールであります、ハイ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
4月1日の昼です。
よせばいいのに、風邪引きだというのに昨夜、4軒も回り、午前様になったおかげで体調が思ったほど好転せずです。単なるバカです。

私はかねてよりアジアのいくつかの国で奨学金制度をもうけています。
で、今日は奨学生を選抜するためにこっちの学校に推薦してもらった7才の少年、ステフェン・マフサイ君の家を訪問します。家庭状況、経済状況を見たうえで最終的に決定します。
ステフェン君は男子児童ではトップの成績だそうです。小柄で、いかにも素直そうで、一見ひ弱な感じの子供です。でも、かわいらしいです。
決定後に写真をブログに掲載します。で、その子のスポンサー探しをやりますので、里親希望の方はぜひともです。
仕送りの金額は応談でして、1か月3150円からです。当地の場合、その金額で充分です。
よろしくお願いいたします。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
3月31日の未明です。外は激しいスコールが叩きつけています。
部屋からの今の景色です。前海がどこまでも煙っています。
b0034159_913139.jpg


風邪引きで夜早くに床についたので、こんな早く、午前4時に目が覚めてしまいました。即行仕事に取りかかるしかないですね、他にやることがありませんので。
風邪引きの原因は海水浴に出かけたせいでしょうか。潮風にあたり、海辺で寝ていて、体が冷えたようです。
この女の子とずっと一緒でした。私に何年も前からなついているおしゃまな女の子です。
b0034159_54571.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
3月30日、新書ノンフィクションの原稿を完成させました。
あとはゲラにして直すだけです。祝祝祝祝祝祝!!
即行で次の仕事に着手します。が、最悪の風邪を引きまして、半死半生、病院のお世話になっております。
鬼の霍乱でしょう。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
3月27日の早朝です。今朝も早起きです。
昨日は忙しい一日でした。
セブ島で最も有名な心霊治療師のセラピーを友人と一緒に受け、ついでに取材をしてきました。
その時の隠し撮り写真を掲載します。でも最終的には掲載許可をもらっていますので念のため。

治療日は吉日の火曜と金曜だけです。粗末な家の前は門前市をなしています。
お告げにより、6才で心霊治療を始めた彼女は相次いで骨髄ガンと喉頭ガンの患者を治癒したことで知られるようになったそうです。
その後セブ島のみならずフィリピンのいたるところに呼ばれて、時には末期ガンの患者にセラピーをほどこし、いつの間にか台湾、カナダ、アメリカ、ノルウェーなどからも患者が押しかけるようになっているそうです。
原則は金を取らないので、貧しい暮らしです。昨日も我々のドネーションを最初は固辞されていました。
そういうわけにはいかないので強引にドネーションをおいてきました。
b0034159_823943.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
なんだか最近マジメな話題とか仕事の話題に多く触れているような気がしますので、
現地でのナイトライフについて。
夜はよくこんな感じのところに行ったりしています。
ここはセブ島では今ナンバーワンといわれるナイトクラブです。そこの陽気すぎるダンサーに個室で踊ってもらいました。
b0034159_842661.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
3月26日の早朝です。

今日も午前6時と早起きです。起き上がって即行仕事です。
午後には日本から同行している方にお付き合いして、そして案内をかねて、こっちではゴッドハンドを持つという有名な心霊治療師を訪ねることになっています。
2日前にも訪ねているのですが、お金を受け取ろうとしない謙虚なフィリピーナです。
こちらからのドネーション、つまり寄付の額が多すぎるといって受け取りを拒否されそうになりました。
それだけでも本物っぽいです。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

一時的にですが、下記のホテルに引っ越してきました。
セブ島では私のお気に入りのリゾートで、広大な敷地を持っています。
3枚の写真全て、部屋のバルコニーからの眺望です。
b0034159_1553511.jpg

b0034159_15545287.jpg
b0034159_15551254.jpg

ウォーターエッジという一番ながめのいい部屋を取ってみました。
バルコニーからそのまま海へドボンというのが売りの部屋ですね。
b0034159_15554867.jpg
b0034159_1557161.jpg
b0034159_155742100.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
ということで今回のテーマは「自然」でいってみましょう。
b0034159_1020079.jpg
b0034159_10201161.jpg
b0034159_10202312.jpg
b0034159_10203413.jpg
b0034159_10204493.jpg
b0034159_10205443.jpg
b0034159_1021878.jpg
b0034159_1021188.jpg
b0034159_10212940.jpg
b0034159_10213926.jpg
b0034159_10215083.jpg
b0034159_1022177.jpg
b0034159_10222992.jpg
b0034159_10223851.jpg
b0034159_10224762.jpg
b0034159_10225795.jpg
b0034159_1023523.jpg
b0034159_10231535.jpg
b0034159_10232495.jpg
b0034159_10233337.jpg
b0034159_10234121.jpg
b0034159_16475331.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2010-04-19 17:10 | 大自然 | Trackback | Comments(5)