<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2.2 大相撲の八百長事件/パリと私/拙作新刊小説のタイトルが決定!!&変わったもの/ strange things

現在2月2日の午後6時です。
放駒理事長の八百長相撲に関する記者会見が終わったところです。
大相撲小説「大和魂☆マニアーナ」の作者としては、やはり何かいわねばならないでしょう。
何を今さら、というのが私の感想です。
この件では週刊現代、講談社が敗訴しています、八百長はない、という裁判所の判決で。
その時点で、私としては、裁判官はアホや、と断じておりました。
だって八百長見え見えの力士、多々なのです。証拠も多々です。
よって裁判官全員、目が節穴です。
目を開けなさい、ちっこい何も見ていない目を!!

そして先ほど、理事長は「(今回のことはさておき)それ以前には(八百長は)いっさいなかったと認識しています」だって!!!????
アホや、んなわけねえだろう、眠いことをいってんじゃねえやい。
そんな甘い認識だから八百長が減らないのです。
私が物心ついた頃から、栃若でファンになって以来、ずっと、そうです、連綿と八百長は間違いなく続いているのです。
その証拠多々です。私は大の相撲ファンです。そして拙作では日本相撲協会にお世話になりました。
で、黙ってきましたが、ここまでひどいのであれば、いずれ事実を書くことがあるかもしれません。

ただ相撲は神事なのです。格闘技ではないのです。
そのことを考えると、ちょっと複雑な心境になります、ハイ。

大相撲、存亡の危機です。
でも、そんな事態を招いたのは日本相撲協会であり、自業自得なのです。

拙作「大和魂☆マニアーナ」では八百長の実態がつぶさに描かれています。
これでも遠慮して書いたのですが、実際にはもっと八百長が公然とはびこっているということでしょう。

b0034159_185185.jpg


b0034159_1822788.gif


b0034159_186678.jpg


現在2月1日ですが、新作小説のゲラなるものが明後日にも出てきます。
わかりやすくいいますと、目下版元サイドの校閲にかかっておりまして、
明後日から本格的なゲラ直し作業をやるわけです。
ここまでくれば作者にとってはゴールが見えてくる感じでしょうか。
でも編集サイドの本当のご苦労はここから始まります。
作者と編集者は常に二人三脚です、が、役割分担が違うわけです。
この作品を書きながらくりかえし青春時代の一時期をすごしたパリを思い出しておりました。
パリがこの作品の主要な舞台として登場します。
ということは、私にしては珍しくおしゃれな恋物語というわけです。

新作に登場するセーヌ川のほとりです。
主人公の裕也と里枝がこの場所で、25年の月日を経て、です。
20代の私はこのあたりを飽くことなく毎日のように思索にふけりながらあてもなく歩いていました。時に淋しく、時に嬉しく。
パリは私の人生で最も影響を受けた場所、最も愛する街です。
b0034159_13183289.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
パリの屋根裏部屋に暮らしながら小説家を夢見ていた頃の内山安雄です。
b0034159_1319325.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
20代の私がとてもお世話になった一家の皆様です。
この写真はつい最近撮られたものです。
b0034159_13193088.jpg


で、それの受け渡しを待って、今は月刊誌「小説宝石」の連載エッセー原稿と格闘中です。
この連載、実に11年目に突入し、ギネスブック入りをめざしております。
ひとえに支えてくださる新旧の担当編集者諸氏のおかげであります。

今書いているのは「歌舞伎町の中国クラブ小姐ホステスから見た日中関係20年」というものです。
中国クラブにはずいぶん通ってきましたので、せめて少しは原稿を書いて元を取らねば、です。

今発売中の同誌の2月号でも書いております。いちおう連載ですから。
テーマは「アジアの食えない食い物」みたいなものです。
ややお笑いネタです。
が、とんでもないものを食わされた私としては笑っていられません、ハイ。

@@@@@@@@@@@@@@@
1月27日深夜、終電近くまで、私の新刊小説の打ち合わせで内山安雄再生プロジェクトの方々と渋谷のホテルのラウンジで侃々諤々やっておりました。
で、まずはタイトルが決定しました! 満場一致で決まったタイトルです。自画自賛していいタイトルです。
自分ひとりで祝祝祝祝! です。
まだ公表はできませんが、一風変わったタイトル、すごく変わった中身の恋愛群像劇です。
よって「変わったもの」を紹介しましょう。
@@@@@@@@@@@@@@

b0034159_817568.gif
b0034159_818632.jpg
b0034159_8181553.jpg
b0034159_8182661.jpg
b0034159_8183545.jpg
b0034159_8184549.jpg
b0034159_8185432.jpg
b0034159_819424.jpg
b0034159_8191651.jpg
b0034159_8192739.jpg
b0034159_8194251.jpg
b0034159_819525.jpg
b0034159_82043100.jpg
b0034159_8205290.jpg
b0034159_821123.jpg
b0034159_8211031.jpg
b0034159_8211886.jpg
b0034159_8212957.jpg
b0034159_8213724.jpg
b0034159_8214658.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2011-01-28 02:41 | 珍品 | Trackback | Comments(1)

1.15 小説のタイトル&トイレ toilets

1月25日、そろそろ新作小説のタイトルを決めねばなりません。
「内山安雄再生プロジェクト」にはいろんな方々から100ものタイトル案が届いております。
どれがアラフォー世代の恋愛群像劇に最適でしょうか?
候補をいくつか挙げておきます。
「フォーエバー40’s」
「ラブ・トラップ」
「ミューズは涙を流さない」
「初恋を探して」
「ラブ・トルネード」
他にも多々です。とりあえず、この中で引っかかるもの、ありますでしょうか????

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

下記のデコ割れ負傷事件の件で、いろんな方々からご心配をいただき、恐縮です。
が、事故の直後、早々にテニスをやっているわけですから、なんのことはないです。
ゴキブリのような体!?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

つい最近、私よりも若い人が階段でずっこけて、ちょっとした怪我をしました。
で、この私、「歩いていて、こけるのは老化現象の始まりだろう」な~んて憎まれ口を叩いておりました。
すると因果応報でしょうか。
今日、この私が歩いていて、突然、障害物に激突し、おデコに裂傷です。
直後は周りの人たちが驚くほどの大量の出血です。ドバドバ、ど派手です。
かくして血まみれデコ割れ男と化してしまいました。
不注意ということもありますが、老化現象も関係しているのでしょう。
やれやれ。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@

新作小説を脱稿できたので今年も、もう少ししたら恒例の海外ロングステイです。
執筆と取材、奨学金のことなどでフィリピン各地を周遊です。
マジメにやります、たぶん。
でも、離日前にやらなければいけないこと多々です。
@@@@@@@@@@@@@@@@@
正月からずっとひたすら次の長編小説と格闘する日々です。
発売は早ければ5月25日、遅ければおそらく、その翌月、でしょう。
そろそろタイトルを決めねばならない時期に差しかかってきました。
一両日中にそのタイトル候補リストを公開しましょうか。
で、トイレに立つ以外は仕事オンリーのような生活なので、更新テーマは「トイレ」です。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
b0034159_2335491.gif
b0034159_234876.jpg
b0034159_2341746.jpg
b0034159_2342746.jpg
b0034159_2343556.jpg
b0034159_2344458.jpg
b0034159_2345326.jpg
b0034159_235110.jpg
b0034159_235928.jpg
b0034159_2351757.jpg
b0034159_2352688.jpg
b0034159_2353556.jpg
b0034159_2354479.jpg
b0034159_2355539.jpg
b0034159_2361354.jpg
b0034159_2362440.jpg
b0034159_2363496.jpg
b0034159_2364273.jpg
b0034159_2365250.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2011-01-15 14:41 | 珍品 | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます&今は亡き両親のこと / A Happy New Year

1月7日午後4時半です。
今まで執筆に疲れて珍しく昼寝で1時間ほど本格的に寝入っていました。
で、父が亡くなっておよそ5年、母が亡くなって1年半になりますが、親が夢枕に立ったのは1回だけ、それも父親が通行人の役というものでした。薄情者の不肖の息子?
でも、さっき初めて両親が白昼夢に豪華揃い踏みです。
私が久しぶりに住む人もない北海道の故郷の我が家に帰ったところ、なぜか廃屋の実家に明かりがともっております。
不思議だなと思っていたところ、窓から生前の両親が何事もなかったかのように顔を出して、私を迎えるという夢でした。ああ、私も人の子なのか、人並みなのか、とわかり、ちょっと嬉しくなった、ような。あははは。
合掌!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1月5日、なおも謹賀新年です。
昨夜は久しぶりに都心で長い距離を歩きました。
スタートは赤坂です。韓国の大統領やブッシュ大統領までがひいきにしている有名焼肉店、アリランからスタートです。とんでもなく美味しい焼き肉をいただきました。
で、次はこれまた、とんでもなく、です。とんでもなく美人のママさんのいる近くの店に移動です。そのママさん、売れっ子モデルで、大橋巨泉の「11PM」のカバーガールもやっていました。
その後、仲間と一緒にとんでもなくはやっており、とんでもなく美人ばかり揃えた赤坂駅に近いクラブに移動です。
で、当然の午前様です。タクシーです。その前に友だちと人気の少なくなってきた赤坂駅あたりを散歩です、しょーもない雑談です。
で、ひとりになってから気まぐれで散歩を続けました。赤坂駅から246号線、東宮御所とか豊川稲荷のあたりに出て、そこからタクシーを拾おうとしたのです。
が、なんだかいつまでたっても246号線にぶつかりません。30分ほども歩いているうちに方向違いの六本木の駅が見えてきたではありませんか。
かつて私が所属し、お世話になったオフィス・トゥー・ワンがその近くにあります。毎日のように通っていた時期もあるので、つい懐かしくなり、界隈をぶらぶらです。
ミッドタウンをながめ、乃木坂に出て、移転した山王病院の前をとおりすぎて、ようやく246号線に行きあたりました。
そのまま散歩を続けて、南青山、外苑前、そして表参道です。
さらに気まぐれでタクシーを拾わずに神宮前です。表参道ヒルズです。
で、南国酒家の前でさすがに疲れて、そして代々木公園は暗くて、通りすぎるのがちょっと恐いので、
ついにタクシーに乗ることに。
ところがなぜか通りかかるタクシー、どれも停車してくれません。
で、どんどん歩くしかなくなりました。もうやけくそです
気がついたら我が家にたどり着いていたという次第です。
赤坂から2時間以上も歩いていました。
疲労困憊ですが、いい体験、いい運動でした。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
謹賀新年!! 今年もよろしくお願いいたします。
このブログは海外からの閲覧者も多いのですが、外国の方々に干支のことを理解してもらうのはむずかしいでしょうね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
This is the year of rabbit in Chinese astrology.
b0034159_802790.jpg
b0034159_803794.jpg
b0034159_804677.jpg
b0034159_805536.jpg
b0034159_81553.jpg
b0034159_811955.jpg
b0034159_812857.jpg
b0034159_813844.jpg
b0034159_814688.jpg
b0034159_815469.jpg
b0034159_82513.jpg
b0034159_821321.jpg
b0034159_822153.jpg
b0034159_823590.jpg
b0034159_824571.jpg
b0034159_825756.jpg
b0034159_83690.jpg
b0034159_831522.jpg
b0034159_832438.jpg
b0034159_833257.jpg
b0034159_834254.jpg
b0034159_835337.jpg
b0034159_84144.jpg
b0034159_84924.jpg
b0034159_841896.jpg
b0034159_842889.jpg
b0034159_844841.jpg
b0034159_845891.jpg
b0034159_85882.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2011-01-01 14:12 | 動物 | Trackback | Comments(0)