<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

4.25 新作『恋活 40's LOVE』 & 動物と人間 / friendship with animals

大震災の発生時、私は日本を離れておりました。熱帯の島に滞在していました。CNNの実況中継で大惨事をつぶさに知りました。
そして帰国。
先ほど、ある雑誌の緊急号を読んでおりました。
「東北関東大震災」と題されています。
主に写真で構成されているのですが、どうしようもなく涙がこみあげてきますね。
悲しみというよりは、人の生きる力、耐えようとする力、思いやる心に対して、です。
ふと、ユーゴスラビア紛争でクロアチア山間部、極寒の難民キャンプを取材した時のことが思い出されました。
この若者たちの多くは避難してきたわけではありません。怪我をしたりして、一時的にここに避難していますが、故郷に戻って義勇軍に加わるという人も多々でした。
この写真の中には戦争で足を失った若者もいます。腕をなくした若者も、です。
それでも戦う、母国のために、民族のために、です。沈思黙考あるのみです。
私はひたすらこういうところを回ってきた物書きです。そうしたいがために物書きになりました。
物書きにはある種の使命、定めがあるように思います。
私は誰か特定の人とか、家族とか、組織とか、団体とか、国家、のためではなく、もっと何か違うもの、意味を求めて、一個人として、物書きとして生きてきました。これからもそうやって生きていきます。
そういう愚直な生き方しかできないのでしょう。
生きてきたあかし、意味を追及しています、今なお。
余談ですが、この時の私のプレス番号は192番、小国のクロアチアで、すでに2人のジャーナリストが死亡し、8人が重症を負っていました。
今はそれなりに齢を重ね、命根性も汚くなっていますが、この写真の時期には、
いつ銃撃されて死んでも仕方がない、それが自分の生きてきた道だ、といきがっていたように思います。
戦場を、戦争の最前線を多々経験して思うのは、死ぬことはむずかしいことでも、特別なことでもないんですね。人の命とはもろい、はかない、むなしい、
だから大切にして欲しい、というのが世界放浪の実感でしょうか。
(4月26日午後)

b0034159_1652243.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

私の新刊『恋活 40's LOVE』の発売を5月25日とお伝えしてきました。
が、最新情報では5月28日(土曜)が全国の書店さんに確実に並ぶ日だそうです。

このすぐ下のカバーとオビが、そして目次も最終的なものです。

b0034159_8423359.jpg
b0034159_84247100.jpg
b0034159_843399.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
新作『恋活 40's LOVE』は多くの方々のご厚意で、そして友情で完成した小説です。
そのお力添えになんとしても、結果を出して応えたく思っております。
ということでテーマは友情でしょうか。

b0034159_12294311.jpg
b0034159_12295366.jpg
b0034159_1230113.jpg
b0034159_12301074.jpg
b0034159_12301826.jpg
b0034159_12302731.jpg
b0034159_12303477.jpg
b0034159_12304122.jpg
b0034159_12304988.jpg
b0034159_123056100.jpg
b0034159_1231543.jpg
b0034159_12311333.jpg
b0034159_12312471.jpg
b0034159_12313198.jpg
b0034159_1231392.jpg
b0034159_12314750.jpg
b0034159_12315621.jpg
b0034159_1232482.jpg
b0034159_12321310.jpg
b0034159_1232205.jpg
b0034159_12322865.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2011-04-26 01:12 | 動物 | Trackback | Comments(0)

新作「恋活」のカバー&仲よし / the cover of my next book & friendship

今は4月22日、
内山安雄はすでに帰国しております。
大震災後の日本に戻って、いろんな意味で思うこと多々です。
「大震災の時、日本にいなくてよかったですね」
「まだしばらく海外にいればよかったのに」
とあちこちでいわれます。
それは違うと思うのです。
私は曲がりなりにも物書きです。
現実を直視する、それも仕事、使命、義務、
逃げてはいけない、と思うのですが、いかがでしょうか。
運がよかったなんて海外にいて、ただの一度も思いませんでしたね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


即行で拙作新刊の『恋活 40's LOVE』に備えております。その全国一斉発売が5月28日になったそうです。
発売早々、大手の書店さんで、都心の7店舗で特別プロモーションをやることが決まっています。
要するに大々的に『恋活 40's LOVE』を積み上げて販売していただくということです。
この『恋活 40's LOVE』で何がなんでもという不退転の決意です。私らしくもなく、です。
よろしくお願いいたします。
このすぐ下の装丁が最終バージョンです。
b0034159_247262.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

このすぐ下の装丁が『恋活 40's LOVE』の最新の候補です。
色づかいなど、あれこれ手直しはあるでしょう。
オビはさらに変わります。
久しぶりの新作小説ですから慎重にならざるをえませんね。
いかがでしょうか。
この作品を売って、その利益をアジアでの奨学金制度にあてるしかないです。
多くの子供さんが待っていますので、今も奨学金なくしては勉強を続けられないという子供さんからのメールが相次いでおりますので。
b0034159_143432.jpg


その子供さんたちです。新たに支給が決まった子供たちです。

b0034159_9532538.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
5月25日上梓の新作「恋活」の装丁を公開します。本邦初公開というやつです。
これをこのまま使うわけではありません。ひとつのアイディアです。
オビは相当に変わります。これとは別物になります。いかがでしょうか?

b0034159_0411144.jpg


そして下のが「恋活」の目次です。こちらはすでに決定です。
b0034159_04275.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
4月12日の昼下がり。
セブでは2月以来、ひたすら地味な仕事だけの日々でした。
なんたってあの大災害ですから。
で、4月頭にマニラに移動してからは、昼は仕事ですが、夜はさすがに首都ですので、お誘い多々、連日の午前様です。

5月25日発売の長編「恋活」の装丁もできあがっています。
が、それをアップしようとさっきから悪戦苦闘しているのですが、ネット環境の関係で写真を取りこむことができません。帰国してからやるしかありませんので、あしからずです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

4月10日、二日酔いです。マニラ新聞の社長さんに招待されて現地の皆様と豪快に痛飲でした。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

私の新作小説「恋活」はきたる5月25日、講談社からの刊行となります。
そのオビが下記のようにだいたい決まってきました。最終決定はまだですが、どうでしょうか?

<帯表1>

 まだ若い。もう若くない。

 20年ぶりの同窓会。

 誘惑の罠と うごめく影。

 燃える想いは

 もう止まらない。

アラフォーの青春 元気になれる恋愛小説(ラブサスペンス)

<帯背>

元気になれる

アラフォーからの恋愛小説

<帯表4>

20代 就活 
30代 婚活
40代からは恋活



 同窓会で20年ぶりに再会したほんとうの恋をしらない女と男(ふたり)
 ほほえみに想いを秘めて、一歩を踏みだすのか?
 ふたりをとりまく甘い罠と不穏な影。
 東京、パリを舞台に、アラフォーの青春・40代からの恋活を描く
 ラブサスペンス。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
まあ、こっちでは今回も数多くの友人を得ましたので、そんな気持ちを反映しての更新となります。
テーマは「友だち」です。
b0034159_12203383.jpg
b0034159_12204750.jpg
b0034159_12205483.jpg
b0034159_122125.jpg
b0034159_12211267.jpg
b0034159_12211925.jpg
b0034159_12212734.jpg
b0034159_12213752.jpg
b0034159_12214580.jpg
b0034159_12215352.jpg
b0034159_1222143.jpg
b0034159_1222869.jpg
b0034159_12221610.jpg
b0034159_12222440.jpg
b0034159_12223256.jpg
b0034159_12224034.jpg
b0034159_12224723.jpg
b0034159_12225527.jpg
b0034159_1223557.jpg
b0034159_1223129.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2011-04-22 02:56 | 動物 | Trackback | Comments(4)