<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

08.01 アジアでの奨学金 & コンピューター / PC

8月3日ですが、東京地方は比較的涼しい日が続いています。
最近ずっと日に何度も水シャワーを浴びているのですが、ちょっと冷たい感じがしないでもないですね。
涼しいおかげで寝不足が解消され、免疫不全もよくなってきたようです。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今日は久しぶりにのんびりした時間が持てたので、アジアで主宰している奨学金制度の雑務をやることができました。
面倒を見ている子供さんの数が急激に増えてきたので(篤志家の皆様のおかげです)、その整理をきちんとやらないと、金の出し入れがあやふやになってしまいそうです。昔から金勘定が苦手な性分ですから。
1人1ヶ月3150円の奨学金、アジアの各国から自薦他薦の申し込み多々です。

b0034159_180258.jpg
b0034159_1812579.jpg
b0034159_1821391.jpg
b0034159_1831127.jpg
b0034159_184012.jpg
b0034159_1845874.jpg
b0034159_1865523.jpg
b0034159_1891351.jpg
b0034159_1810972.jpg
b0034159_18105621.jpg
b0034159_18122994.jpg
b0034159_18131976.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@

奨学金制度のような作業、PCなしではできない、ということで。

b0034159_1265995.jpg
b0034159_127736.jpg
b0034159_1271684.jpg
b0034159_1272398.jpg
b0034159_1273139.jpg
b0034159_1273936.jpg
b0034159_1274823.jpg
b0034159_127576.jpg
b0034159_128578.jpg
b0034159_1281394.jpg
b0034159_1282110.jpg
b0034159_1282919.jpg
b0034159_1283817.jpg
b0034159_1284710.jpg
b0034159_1285695.jpg
b0034159_129429.jpg
b0034159_1291175.jpg
b0034159_1291845.jpg
b0034159_1293458.jpg
b0034159_129434.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2011-07-31 18:16 | 文学 | Trackback | Comments(0)

7.27 新たな奨学生&時が流れるままに / time goes by

7月27日記。
かねてよりアジア各国で奨学金制度を主宰しているのですが、このたび篤志家のご厚意により、
新たに下記の2人のフィリピーナに9月から奨学金を支給できることになりました。
アジアでは、貧しい人々にとっては教育は財産そのものではないでしょうか。
ありがたいことです。私ひとりでは何もできません。多くの支援者の方々あっての奨学金です。
b0034159_18352337.jpg
b0034159_183616.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

7月20日にアジアの情報を網羅した月刊誌が創刊されました。
その名も「アジアの雑誌」です!
なんと編集部、発信元はタイのバンコクです。
その雑誌にこの私、連載を持っています。
「アジアの雑誌」はこんな感じです。

b0034159_13564287.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

7月21日、すごく久しぶりにテニスクラブに出かけて、少しだけ体を動かしてきました。
実はこのところ、理由がわかるような、わからないような突然の免疫不全に襲われて、絶不調におちいっていました。運動どころではありませんでした。
が、今日は涼しいどころか寒いくらいでしたし、これならそんなに体力を消耗することもないだろうと思って、怠け心にむち打ち、なんとかテニスコートへ、です。
リハビリのためとはいえ、やはり体を動かすのは楽しいですね。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

地方紙に掲載された『恋活 40's LOVE』の書評です。
b0034159_18433077.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
ここまで生きてみると時の流れをひしひしと感じます。
いろんなことがありましたが、よく無事に生きてこられたな、という感慨にしばしとらわれます。
海外放浪が我が青春の特徴でした。
ある一家との交流を通して時の移ろいを見てみましょうか。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
このすぐ下は我がイランの友だち、アリの近影です。
その下の写真は30年前のアリと私です。諸行無常?
アリは亡命イラン政府の広報担当のトップでした。
かつて祖国で政治犯として死刑判決を受けていました。
政治亡命して今はドイツで暮らしています。そのおりの逃走資金の一部を私が提供した関係で、今も親しい関係です。
b0034159_1610479.jpg

b0034159_1612963.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
アリの娘さんの今と昔です。ドイツ在住。

b0034159_16124176.jpg
b0034159_16131393.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
アリの息子さんの今と昔です。同じくドイツ在住。
b0034159_16134359.jpg
b0034159_1614415.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
現在、そして16年前のアリ夫妻。
b0034159_1614319.jpg
b0034159_16145872.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
よってテーマは「タイムマシン」みたいな感じ、もどき、でしょうか。
b0034159_16153129.jpg
b0034159_16154583.jpg

b0034159_16161847.jpg
b0034159_16163067.jpg
b0034159_16164060.jpg
b0034159_16165054.jpg
b0034159_16165939.jpg
b0034159_16171013.jpg
b0034159_16172613.jpg
b0034159_16173555.jpg
b0034159_1617448.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2011-07-28 02:03 | 小説 | Trackback | Comments(1)

7.2 史上最悪の駄作と『恋活 40's LOVE』 & smiling animals

7月12日です。4月に帰国してから、仕事の必要があってツイッターとフェイスブックを同時に始めました。そして相互に連動するように設定しました。が、用途の違いを感じるようになり、次第に違和感がつのるようになってきたので、先ほど連動をやめました。
今後はツイッターはツイッターで、フェイスブックはフェイスブックで、ということです。
思うに私は、なんとなくつぶやく、というのが苦手な人間のようです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@

7月6日。図書館を利用される方々にお願いがあります。
『恋活 40's LOVE』はありがたいことにも全国図書館協議会の選定図書になりました。
で、図書館にお出かけのおり、拙作をリクエストしていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
b0034159_18384263.jpg


7月5日ですが、こんな夢を見ました。
待ち合わせ場所にいるはずの友だちに大至急連絡を取りたいのですが、私の携帯電話が作動せず、どうすることもできません。
急いで自宅に戻ろうとします。
すると眼前で大型のダンプカーが横転事故を起こし、さらに通りかかった乗用車をぺしゃんこにしてしまうではないですか。
目撃者は私しかおらず、目についた公衆電話から110番通報しようとします。が、緑の電話ははるか以前に壊れたまま放置されていたのです。
困惑しきりですが、公衆電話をよく見れば、その周りにお金(硬貨)がザクザクです。
事故現場に野次馬が集まってきたので、なんとかなるだろうと思い、私はお金を必死になって集めているのでした。
う~~ん、この夢って、どういう意味なんでしょうか。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

7月4日の近況報告です。
『恋活 40's LOVE』の大手7つの書店でのプロモ期間はすでに終了しています。
が、そのうちの数店舗では担当の店員さんのご厚意により、なお拡大展示が続いております。ありがたいことです。店頭に出てしまえば作者は無力そのものですから。

中には紀伊国屋書店のように、新宿南店でのプロモだけではなく、プロモ店ではない本店の担当の方が、「この作品を売ってやりたい」ということで新宿南店に残っている『恋活 40's LOVE』を本店に移して大きく展開してくださっているところもあります。これぞまさしく物書き冥利です。
その思いに応えたく、です。よろしくお願いいたします。

b0034159_14475888.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
史上最悪のとんでもない小説を読んでしまいました!
ミステリーとうたっています。いちおう出だし快調です。日本の現役有名作家の小説ですから。
ごくふつうの殺人事件を扱った作品です。
が、どこまで行っても容疑者にも犯人にもたどりつきません。
最後まで読んでも犯人が一度も出てきません。
出てこないのはよしとしましょう。
が、殺人事件なのに、いったい誰が犯人なのか、全然わかりません。
容疑者は出てくるのですが、どう事件に関係したのか、途中から意味不明になっています。
被害者がどんな理由で殺されたのかも、まるで不明です。
要するにミステリーとしてまったく破綻しているというか、ストーリーが無茶苦茶、
意味不明なのです。
この作者にもおそらく誰が犯人なのか、わかっていないのでは。笑いました。
こんな小説を読まされたら辛抱たまりません。唖然茫然です。
ここまでひどい作品を恥じることなく書ける作家も作家ですが、
これを出版した大手版元の神経も疑います。
金はくれてやるから、時間を返せえええええ。

こんなくだらない小説を読まずに『恋活 40's LOVE』をよろしくお願いいたします。

『恋活 40's LOVE』は啓文堂書店では売り上げのトップ6位が最高だったようです。
b0034159_213265.jpg


ありがとうございます。
b0034159_2135159.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
ということでテーマは「ニコニコ」でしょうか。
b0034159_22424893.jpg
b0034159_22425820.jpg
b0034159_2243717.jpg
b0034159_2243155.jpg
b0034159_22432445.jpg
b0034159_22433376.jpg
b0034159_22434441.jpg
b0034159_22435318.jpg
b0034159_2244264.jpg
b0034159_22441264.jpg
b0034159_22442726.jpg
b0034159_2244377.jpg
b0034159_22444518.jpg
b0034159_22445558.jpg
b0034159_2245423.jpg
b0034159_22451328.jpg
b0034159_22452181.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2011-07-02 02:18 | 小説 | Trackback | Comments(0)