<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1.11 食あたり!! /食べ物 / food

1月20日、小旅行に出ておりました。
今日は「新刊展望」(ニッパン)の連載の〆切なので、忙しくやっております。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1月15日、日曜日です。が、今日も仕事、長めの連載原稿と格闘するとしましょうかね。
年末年始を返上し、日曜まで仕事にあてるようになったのは、とても久しぶりです。
全ては海外ロングジャーニーのためです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1月14日、土曜日の朝、久しぶりにテニスをやりました。連戦連勝です、集中しましたので。
で、戻るなり、仕事です。多くの〆切をクリアして、少しでも早く日本を離れるために、です。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

改造内閣の記者会見で野田首相が「耳障りのいい」といっていました。
が、耳障りの意味とはー[名・形動]聞いて気にさわったり、不快に感じたりすること。また、そのさま。「―な音」ーです。
たとえ「耳触り」だと強弁したところで、国語的には間違いだそうです。
一国の宰相なのですから、ヘンな言葉、誤用には気をつけてもらいたいのですが、どうでしょう?
そのうち、「耳障りのいい」が、ふつうの日本語になってしまうんでしょうか、やれやれ。


b0034159_18182320.gif


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


1月13日、間もなく長い海外への旅に出ようとしているので、不在中に〆切を迎える原稿をどんどん前倒しで書き進めています。年末から、ほぼ休みなく働いています、いつになく怠け者の私が、です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1月12日、午後からテニスクラブに出かけようかと思ったのですが、この冬一番の寒い朝、と聞いて、すっかりその気をなくして、おとなしく月刊誌の連載原稿を書いております。

b0034159_13265875.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

昨夜、1月10日は食中毒から脱して、大学時代の同級生と2人酒でした。
彼は、拙作「フィリピン・フール」の時代にマニラに駐在していたので、登場人物たちを熟知しているので、その話で盛り上がりました。
とはいっても、昔話に花を咲かせたわけではありません。
「なぜフィリピーナは日本人を虜にできるのか」
「なぜフィリピーナ命の日本人が増殖しているのか」
そんなテーマの原稿を思いつきました。

そうそう、我が友、水谷竹秀さんの「日本を捨てた男たち」は傑作ノンフィクションです。
私も頑張らなくては。

b0034159_125893.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

一昨日8日の絶不調は、食あたりだったそうです。
「なんとかかんとか菌入り」という能書きの多い、珍しいソーセージを食したのですが、たまたま悪い菌がそのまま加工されずに残っていたようです。やれやれ、落ちているものと滅多なものは食べるものではありませんね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1月10日、鬼の霍乱というやつでしょうか、風邪でもないのに、一昨日から、えんえん36時間、まったく食べ物が喉を通らない状態が続いていました。
発熱、悪寒、汗、下痢、吐き気、あれこれ最悪の症状で、
昨夜なんか、よほど救急車を呼ぼうかと思ったくらいでした。
が、もう全快です。ふつうに仕事をやっています。
いったいなんだったのでしょうか??????

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

年末年始を返上して、ひたすら仕事をやっていたのですが、
それをクリアしたら、急に疲れが出てきました。蓄積疲労からくる体調不良?
1月8日、ひたすら伏せています。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今年の仕事始めともいうべきNHKーFM「クロスオーバーイレブン~新春」
5夜連続が終了しました。
大好評と聞いて、ほっとしています。

b0034159_1732306.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
正月休みもなく、「小説宝石」2月号の連載向けに「驚愕! 絶対に泊まってはいけないホテル」なる原稿を書いています。
さらに次に〆切のくる「アジアの雑誌」には何を書きましょうか?

そうそう、「小説宝石」に掲載になる世界最悪のホテルは、この写真の国にありました。
さて、どこでしょうか?

b0034159_17352998.jpg




@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

本日、1月6日、午後11時からの放送のNHKーFM「クロスオーバーイレブン~新春」、
私が脚本を担当しています。
タイトルは「我が故郷」、北海道・厚真町が舞台です。
写真は、我が家の庭にそびえ立つ松の木の今の姿です。
長男の私が生まれたのを記念して植えたそうです。

b0034159_11391954.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

NHKのサイトでは、私が脚本を担当した特番、『クロスオーバーイレブン・2012新春』が
こんなふうに紹介されていること、知人からの連絡でたった今、知りました。

今夜5日はネパールの首都、カトマンズを舞台にした「真夜中の人々」です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

b0034159_15374995.jpg

『クロスオーバーイレブン・2012新春』
2012年1月2日(月・祝)~6日(金)後11:00~前0:00

あなたはおぼえていますか?
あの名ナレーションを…「もうすぐ時計の針は、12時を回ろうとしています。今日と明日が出会うとき、クロス オーバー イレブン」。
NHK-FMで1978年11月から、2001年3月まで24年間にわたって放送され、深夜音楽番組の先駆けとして一世を風靡したFMならではの名番組『クロスオーバーイレブン』。
リスナーの熱い期待にお答えして継続している、夏と新春の特集番組も定番となり、2012年新春も5日間限定で新作をお送りします。
(今回は、ついにPC及びスマートフォンでもお聴きになれます!)

今回のスクリプトは、レギュラー放送時代にアジアを中心とする紀行もので人気を博していた内山安雄さんが、満を持して『クロスオーバーイレブン』のために、書き下ろししてくださいました。
アジアのさまざまな地域を舞台に、そこを訪れた主人公と、経済的に豊かとは言えない環境の中で苦労しながらも、心の豊かさや温かさを失うことなく生きている人々とのふれあいを描きます。
ナレーションはおなじみ、津嘉山正種さんが担当。選曲は同じく長年にわたり携わってきた小倉エージさんと大伴良則さんが担当します。どうぞお楽しみに!

1月2日(月・祝)第1話「歩いて国境を越える」 (中越の国境線)
3日(火)  第2話「どこまでもバスに揺られて」 (フィリピン)
4日(水)   第3話「メコンの少女」 (ラオス)
5日(木)  第4話「真夜中の人々」 (ネパール)
6日(金)   第5話「故郷よ」(北海道)

【ナレーション】津嘉山正種
【スクリプト】内山安雄
【選曲】小倉エージ(3~5話)、大伴良則(1~2話)

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


本日、1月5日のNHKーFM「クロスオーバーイレブン~新春」、
午後11時からの放送の脚本タイトルは「真夜中の人々」です。
ネパールの首都が舞台の、我が体験をベースにした恐怖と出会いの物語です。

この写真のネパールの少女たちは、ひとつ間違えば、誘拐されてインドの娼館に売り飛ばされかねない状況にあります。
ネパール南部、ここは少女誘拐が頻発している村です。
そういう主旨の取材のおりの1枚です。

b0034159_1124359.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

本日、1月4日のNHKーFM「クロスオーバーイレブン~新春」、午後11時からの放送分の脚本タイトルは「メコンの少女」です。
私がアジアで奨学金制度を主宰するきっかけとなったラオスに生きる我が娘との11年にわたる物語です。
9才で私と出会い、その後、医大生になったブンマリは実在の娘でして、実録に近いです。

b0034159_104360.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

初仕事は1月2日~6日まで放送のNHKーFM「クロスオーバーイレブン~新春」(連日午後11時から零時まで)という特番で、私が5本の脚本を担当しています。
今日、1月3日はフィリピンを舞台にした「どこまでもバスに揺られて」です。
日本人駐在員とフィリピーナとの長きにわたる秘められた恋物語です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
A Happy New Year!

春先から長い旅に出ようと思います。
自分を鍛え直すべく、あえて不便なローカルのバスや列車を乗り継ぎ、アジアの果てをゆっくりめざしたく、です。
初仕事は1月2日~6日まで放送のNHKーFM「クロスオーバーイレブン~新春」(連日午後11時から零時まで)という特番で、私が5本の脚本を担当しています。
お互いにとりまして、よい年になりますように。
    
平成24年元旦

b0034159_12591682.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



昨夜26日は、やはりオペラシティの小料理屋、歌舞伎町の中国クラブというコースに、です。
大店のクラブ、超満員で席を作ってもらうのに待つほどの盛況ぶりでした。
客50人に対して、ホステスさん23人、1度もホステスさんと話をしないで勘定をして引き揚げるお客さん、続出です。沈思黙考、ご苦労様です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

開高健ノンフィクション賞を受賞した「日刊マニラ新聞」の水谷竹秀さんの「日本を捨てた男たち」を読んでいます。
フィリピンに生きる困窮邦人たちの話です。今の日本に突きつけるものが多々ある力強いテーマのノンフィクションです。素晴らしい作品で、興奮しながら読み進めています。
実は私は水谷竹秀さんとは個人的な知り合いでして、来春の長いアジア周遊の途中、マニラで祝杯をあげる予定です。

b0034159_2154395.jpg


ということで、「日本を捨てた男たち」は食べることのできない日本人の話ですので、更新テーマは「食べ物」です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
b0034159_2026416.jpg
b0034159_20261185.jpg
b0034159_202619100.jpg
b0034159_20262798.jpg
b0034159_20263974.jpg
b0034159_20264788.jpg
b0034159_20265363.jpg
b0034159_2027057.jpg
b0034159_2027872.jpg
b0034159_20271633.jpg
b0034159_20272434.jpg
b0034159_20273286.jpg
b0034159_20273940.jpg
b0034159_2027477.jpg
b0034159_20275619.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2011-12-25 22:05 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

12.14 アクシデント / accidents

12月23日の夕方、
この私が、近くの図書館で万引き、本泥棒です。
その図書館の入り口にいつの頃からか、探知機みたいなものが設置され、その間を通って出入りするようになっています。「子供さんの事故防止のために」とかなんとか、と表示されています。でも、そんな機能があるようには見えません。
もしかして、本泥棒をつかまえるためでは?? 違うか??
好奇心旺盛なので、ものは試しに本を小脇にかかえたまま、表に出てみようとしました。すると案の定、「本を黙って持ち出すな! カウンターに戻りなさい」という合成音が鳴り響き、図書館員が即行飛び出してきて、とっつかまりました!! 
内山安雄、万引きの現行犯で逮捕です。
が、荷物を館内においてあり、持っていた本が拙作の『渋谷女子力』だったので、どうにか疑いを晴らすことができました。いやはや、滅多なことをするものではありません。
b0034159_18401849.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

12月22日ですが、日中はそれなりに執筆仕事をこなし、夜は忘年会という日々が続いています。夜の外出予定がつまっているほうが、仕事にメリハリがあるようです。
と言い訳して午前様をくり返しております。
/ I am quite working hard to write.Maybe.Not sure.

Merry X'mas!

b0034159_23512772.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

先ほど、仕事の合間に、のほほんと居眠りをしていたところ、アクシデントの夢です。
自分の不注意で、いきなり醤油を頭からかぶる夢を見ました。
でも、間一髪よけて、醤油は髪の毛に一滴だけかかった、という夢でした。
この白日夢、何を意味しているのでしょうか?
b0034159_15213876.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今日は12月15日ですが、昨日は忘年会でして、とても久しぶりに午前様となりました。
働かざる者食うべからずですから、午前中に原稿を1本書き上げ、午後にはテニスをやり、それから忘年会になだれこみました。充実の1日といったところでしょうか。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今年は個人的にも、あれこれといろんなこと、予期しないことが起きた一年でした。
いつも願うのは心の平安です。
今日12月14日は一緒にアジアで奨学金や学用品の配布運動をやっている仲間との忘年会です。
といっても、別にむずかしい話、資金の話をするわけではなく、久しぶりに適当にワイワイです。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

b0034159_20323826.gif
b0034159_2032466.jpg
b0034159_20325737.jpg
b0034159_2033476.jpg
b0034159_20331023.jpg
b0034159_20331913.jpg
b0034159_20333270.jpg
b0034159_20333943.jpg
b0034159_20334641.jpg
b0034159_20335226.jpg
b0034159_20335930.jpg
b0034159_2034517.jpg
b0034159_20341250.jpg
b0034159_20342231.jpg
b0034159_203428100.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2011-12-15 11:51 | アクシデント | Trackback | Comments(0)