<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

タイの古都、チェンマイにてにて / Now in Chiang Mai ,Thailand

本日久しぶりにキレました。バンコクの日系の旅行代理店に電話して、ホテルの予約を頼んだのです。
すでに半月前に利用しており、その会社にも出向いているのです。ひとりの社員と顔見知りなのです。
が、電話でえんえん20分もやりとりしたうえで、アドバンスを振り込んでもらわないと、予約を受けられないというのです。
「時間がないですか? だったら、じかに会社にきてください。そのうえで初めて予約の開始となります」というのです。
「だったら最初から、そういいなさいよ。こんなやりとり、なんだったんです? 時間の無駄でしょう」といいたくなるのが人情でしょう。
で、私の怒りが通じたのかどうか、数時間後に別の日本人女性スタッフが電話してきました。
「今すぐアドバンスを振り込んでもらえば即行予約完了とします」というのです。
で、いいました、「振り込みが完了したら、今からいうメアドにメールしてください」
「いいえ、そんなことするのは面倒だから、じかにあなたに電話しますよ」
「ダメです、メールしてください」
うううう~~ん、そもそも振り込みがあったかどうか、確認すべきなのは代理店のほうなのでは????

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

タイ東北部の首長族の村に行ってきました。
が、そこでは、下手なのか上手いのか、よくわからない老若の女優たち総出演、
1人のそれらしいおばあさんをのぞいて、それすら嘘っぽいのですが、
首輪をつなげて長く見せているだけのトリックであり、
99%、首長ではありません。単なる目の錯覚を利用しているだけです。
要するに首の長い娘なんてもはや存在しないのです、現代では。
首長族と称する娘たちの写真の数々、後ほどアップしますのでよろしくお願いいたします。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

27日ですが、私の旅のスタイル、楽しそうに見えるかもしれませんけど、ずっと取材と執筆に費やしており、そんなに余裕のない日々でした。
よって今日くらいはゆったりと少数民族を訪ねるツアーに参加するとします。
あれっ、これもやっぱり取材仕事か!?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

チェンマイの“帝国ホテル”がいまいちなので、市内を流れる川沿いにたつホテルに移りました。
タイ・モダンを売りにするホテルだそうです。アマン・リゾートを手がけた世界的な建築家の最新の作品です。好みがわかれそうです。ここでしばしおとなしく仕事をすると​しましょう。
/ Now in this hotel in Chiang Mai,Thailand.

b0034159_339993.jpg
b0034159_340574.jpg
b0034159_3405628.jpg





@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

チェンマイの“帝国ホテル”についていくつも質問をいただきました。
私はしばしばホテルの評論もやっていまして、今月号か来月号の月刊『小説宝石』の連載エッセーで「絶対に泊まってはいけないホテル」について書いているくらいです。
で、今泊まっているホテルは、いくつもの世界的なホテル紹介本でも大きく取り上げられているほどに格調とグレードを誇っています。
が、なぜいただけないのか?
スタッフ全てのもてなしの心、ホスピタリティ、申し分ないです。メイドさんにしても最高です。WIFI接続不良への対処にしても、ずっと2人のスタッフが私にかかりきりです。ありがたいことです。
... が、このホテルの何がいけないのか?
たとえば、ロビーから客室への途中、2つのプールがあるのですが、夜間は暗すぎて、足下がおぼつきません。転んだり、転びかけたり、多々見かけました。
どこに行っても段差がありすぎて、部屋のあちこちにも段差があって、バリアフリーとは縁遠すぎます。
リゾート風のホテルなので、フロントもそれ風ですが、写真のロビーフロア、蚊だらけで、チェックインするだけで3カ所も刺されました。目の前を蚊がビュンビュンです。その他、あれこれ、費用対効果を考えたら、泊まりたくないホテルのひとつでしょう。
「朝食を昼でも夕方でも、たとえ夜でも、部屋までお持ちします」のようないいサービスもあるのですが。
/I checked in a traditional hotel in Chiang Mai,Thailand.

b0034159_1262840.jpg




@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

25日の深夜です。
チェンマイで最も格調があるといわれるホテルに、ついでだからスイートルームにチェックインしたばかりです。チェンマイの帝国ホテル??
が、歴史があって、由緒正しいのでしょうが、まるで使えないホテルです。
私の求めるアメニティがちゃんとしていないのです。残念ですが、ネット接続もできないようでは、さっそく明日にはホテルを変えるしかないですね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ミャンマーのような軍事国家で、撮影禁止の場所を撮ったりして、だいじょうぶなのか、というご意見にお答えします。
実はたまたま知らずに撮ったのではなく、私の場合は常に確信犯なのです。
とがめられたり、危険を感じたら即行やめればいいのです。泣きつくのです。
「そうとは知らずにごめんなさいね。悪かったです。もうしませんから、無知でしたから許してたもうれ」といって言い逃れ、求められれば、撮影した機密だという空港の全景、滑走路の俯瞰、軍事施設などの写真、全て取り調べる官憲の前で削除します。
でも、私もプロですから、削除できないようにデジカメを細工してあります。いちおう嘘が得意な小説家ですから。紛争地帯、多々経験していますから。
逃げ道はいくらでもあるものです。
でも、ミャンマー、ずいぶん監視や規制がゆるくなりましたね。空港を撮影していても、10年前のように、その場ではいきなり拘束とか尋問ということ、今はないこと、自分の体験で確認です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

いちいちタクシーやハイヤー、バイタクで、この距離なら​なんぼ、時間でならなんぼ、とアジアに出て細かい交渉す​るのが面倒になってきました。もとより大ざっぱ人間です​ので。
なら、どうすればいいのか? 
自分でオートバイを借りて運転して、好きなところに出か​ける、これしかないでしょう。
/I am now riding a motorcycle in Myanmar and Thailand.
Maybe even to Vietnam by it.

b0034159_10443284.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

24日ですが、ネット、メールの送受信はしばらく無理と思ってください。
日本とは事情が違いすぎますので。

内山安雄はとりあえずミャンマーとタイの国境線のあたりをうろうろしています。ネット事情がさらに悪くなってきました、ミャンマーでは。
ミャンマーでなにげなく飛行場と警備の軍隊を撮っていたら、えらく叱られてしまいました。国家機密なんだとか。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


昨夜、ものは試しにタイからミャンマーへのビザ無し越境を試みました。いざ行ってみたら、日没後はタイからミャンマーへの出入国業務が終わっていたのです。
魔が差して、ビザがないので、いわゆる不法入国というやつです。
やってみて損はないです、たかが国境じゃないですか。
で、写真の金網の向こうはミャンマー領なので、金網を乗り越えたら、いや、よたよたとくぐり抜けたら、どうかなるのかな、と思って、好奇心から、つい、です。
はい、あえなく国境警備隊によって拘束されました。これってもしかして逮捕なんでしょうか? 
でもって、
「こら、アホ垂れ。何を考えているのか。明日、顔を洗って出直してこい」といわれたような、です。タイ語、わかりませんので、ばっくれです。
/ This fence is the border between Thailand and Myanmar.Over fence is Myanmar.
This morning I will cross this border to Myanmar.

b0034159_11265086.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
90を超す国境を越えてきました。が、列車でもなく、バスでもなく、自分の足で歩いて国境線をまたぐという体験はそう多くはないです。それを旅のテーマの1つにしているのですが。
私の背後に見えているのが、タイとの国境の町、ミャンマーのタチレクです。
明日の朝、徒歩でミャンマー領内に入ります。
/ Now just on the border of Thailand to Myanmar.
Tomorrow morning I will enter Myanmar on foot.
The town behind me is Myanmar territory,not Thai.

b0034159_17304876.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@

22日の朝です。
タイ東北部のチェンライ、寒すぎです。
朝は暖房がほしいくらいです。
熱帯タイの軽井沢か。
で、今日はミャンマー国境までローカルバスで移動です。
場合によっては、そのままミャンマーに入ってしまうかも。

写真は内山安雄らしく、とある何もない田舎町の一軒しかないクラブ(?)で、農村出身のホステスさんたちと酔いしれているところです。

b0034159_10183680.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

21日の夜です。
朝からメールを見ることができなくなり、あわてました。ご迷惑恐縮です。
ネットには接続するのに、私のYBBのメアドにたどり着けないのです。
どのPCからアクセスしても同じです。ウェブメールも開けません。
で、今、とある北タイのカフェで原因が判明しました。
「短期間に5つの国で、あなたのメアドが使われており、不正使用の疑いがあるので、使用できない状態にしてあります」だそうです。
YBBのセキュリティの問題ですが、一言いってくれれば、ここまで時間を無駄にしなくてもよかったのに、やれやれ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

21日現在、メールの送受信が先ほどから、なぜかできなくなっています。
ネット閲覧はできるのに、なぜかYBBのアカウントが使えないのです。
よってPCメアドにメールがあっても、読むことが今朝から不可能です。
ご用件は、このブログの末尾のほうにある「コメントする」で、
そのコメントを「非公開」にしていただければ、内山安雄との個人的なやりとり、可能です。
よろしくお願いします。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

バスに揺られてタイの北端に近づいています。
同じ熱帯のタイなのに、このあたりではバンコクの炎熱地獄が嘘のようです。昨夜なんか、メコン沿いのナイトクラブにいたのですが、私を含めて、テラスで飲んでいたホステスさん全員が肌寒さのあまり、震え上がっていました。
今日も朝の10時だというのに涼しさを感じます。
/ I am approaching the border to Myanmar from northen Thailand.

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


20日、
先ほど、ラオス北部からメコン川を渡って、タイへの国境を越えました。
が、その前、8時間のスピードボートは耐久レースそのもの、
単なるモーターボート、足を動かすどこかろか身動きひとつできず、どんどん人が乗りこんできます、自分のスペースはゼロ平方、高速のために寒すぎ、おまけにたまに水がジャバジャバ、歯が抜けるかと思うほどに揺れがガタガタガタ、いやあ、参りました。
2つの船着き場で、寄付する学用品を詰めこんだ荷物運びも高低差がありすぎで、泥地の足場が悪すぎで、重労働そのもの。何度も転びそうに。
が、まだまだ一緒だった若者たちに迷惑をかけない体力があることだけは証明されました。祝祝祝!!
/ I crossed the border to Thailand from Laos right now.

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


アジアを漂流しているうちに、日本でかかえ、苦しんでいた、いくつかの持病、見事に治っています。
花粉症はもちろんですが、他にも末端性の血行障害、足ヘルペス、など、症状がいつの間にか旅の途中で消えてしまいました。祝祝祝!!!!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

19日、ラオスの古都、世界遺産のルアンパバンに滞在中です。どこもかしこも外国人だらけ、早々に移動するとします。
ふつうならスローボートで22時間かかるタイ国境まで、スピードボートをチャーターして、6時間で走り抜けるとしましょう。
カナヅチなので、転覆しないことを祈るのみです。神様、仏様!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


バンビエンに到着です。
ここバンビエンにマリファナの匂いが立ちこめているというのは少し大げさですね。でも、確かに町中のいたるレストランでごくふつうにマリファナ入り料理が出てきます。
今いる、ごくふつうのレストラン、黙っていると自動的にマリファナ入りの料理となるようです。
「ノー・マリファナ」とウェートレスにいうと、「マジックマッシュルーム入り、それともアヘン入り?」ときいてきます。
アヘン! アヘンですよ。勘弁してください。
「何も入っていない、ふつうのピザ」と注文するとウェートレスに不思議そうな顔をされました。沈思黙考の内山安雄です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

17日、今はビエンチャンですが、これよりバスで北部のバンビエンという​大麻フリーの、今どき珍しい町に移動します。
なんでも、町中にマリファナの匂いが立ちこめており、ずらっと立​ち並ぶレストランではハッピーピザ、ハッピーシェイクなどと称し​て、マリファナ入りの料理が出てくるんだとか。
バンビエンは、かつて遊んだインドのゴアと同じく、ドラッグが黙​認されている町のようです。
でも、もうドラッグに酔いしれる歳ではないですね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

3月16日、ビエンチャン入りして3日目になります。
昼は炎天下を歩き回り、夜は飲み歩いています。
昨夜は郊外の工場労働者たちご用達の野外飲み屋へ。
そこはデートスポットであり、近くの縫製工場に勤める女子工員めあてのナンパの名所になっているようです。
その後、現地のクラブへ、ホステスさん相手のじゃんけんゲーム、負けたらイッキ飲み遊びに興じ、ベロベロに。
が、さらにもう一軒、当然ひどい二日酔いです。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

3月13日、今夕、バンコクから寝台列車でラオスの首都、ビエンチャンに向かいます。
向こうに着くのは明日の昼でしょうか。
別に先を急ぐ旅でもなし、のんびりと行くとしましょう。
列車の旅でしかわからないもの、飛行機ではわからないもの、多々あります。
国境を越えるにしても、今回のように歩いて超える、というのが私の好きなスタイルです。
ビエンチャンからどこに行くのか?
中国の国境をめざすもよし、思いきってベトナムのハノイに行くのもよし、何もまだ決めていません。
旅は出たとこ勝負です。

写真はバンコクの中央駅、ここからの出発となります。


b0034159_1605964.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今夜は現地在住の若手ライターの案内で、バンコクの露天商の世界を見て歩きました。
たとえばこのお姐ちゃん、まだ16歳ですが、屋台の飲み屋の女将さんです。一国一城の主です。
道ばたにゴザを敷いて、そこに客を座らせて、笑顔を絶やすことなく、薬草入りの体に悪そうな酒精を提供して、しっかり接待してい​ます。
16歳の露店スナックの小さなママさん、しっかりとふつうのOLよりも稼いでいます。
/She is an owner and hostess of openair canteen which searves alkohol.
In short her bar is located on the street.
She is only 16 years old,but so bisiness minded.

b0034159_3483946.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

こんな感じのところに道ばたスナック、レストランが並んでいます。

b0034159_10472525.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

衛生観念なんなんなのさ、といったバンコクの露店のレストランで、いつ調理したかわからない生もの、出所不明の生水、ろくに洗っていない食器、などなど。
ヤワな私の場合、食あたりの確率、85%と思いきや、破れかぶれで食べてみれば、意外と平気なんですね。ありがたいことです、なんでも美味しく食べられて。

b0034159_10554372.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

タイ名物の玉揉みマッサージの話です。

「当店16万玉を達成!!バンコクで新記録」とか
「わずか3年で、驚異の3万人、最短で6万玉、新記録を達成!!」
とかうたっています。
好奇心から行ってみたい、
が、さすがの私でも二の足です。三の足が脅えています。
この玉揉み、エロマッサージではなくて、タイ古式マッサージの秘術のひとつとか。
本当でしょうか?
沈思黙考、おとなしく仕事をするとします。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

多忙をきわめるあまり、離日以来、食事には無頓着できました。
が、やや余裕で、バンコクでは美味いもの三昧です。
昨日はタイスキの専門店、今日はフカヒレの専門店などなど、グルメなら誰もが知っているらしいタイを代表するお店の食べ歩きでして、一気に太りそうです。
で、美食のあとは当然、写真のような若い子のいるお店でシメでし​ょう。
でも、今夜は肩こりがひどすぎてクビが回らなくなってきたので、今までタイ古式マッサージを受けていました。マッサージおばさん、上手、最高!
思わずチップをはずんで、おばさんもニコニコ、私もニコニコ。でもって、今からネマリ。
/ I enjoy Bangkok by night.Only alkohol,not chicks.

b0034159_1242537.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



今日はホテルでのんびりです。
間もなく陸路でラオスに旅立ちます。
飛行機で、と思っていたのですが、こちらで知り合った若者ライターが同行するというので、彼に合わせて列車を使って10数時間後に国境を越えます。
ビエンチャンに入ってからは、旧友たちに会い、ほどなくバスで北をめざします。
我がラオスの娘、医大生のブンマリは住まいが遠いので、今回の訪問・再会はなしです。
で、中国国境に近づき、ゴールデントライアングルを通って、ミャンマーへ歩いて国境越えでしょうか。
こういう強行軍の旅、今回かぎりでしょうか? いや、まだまだ?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

目下バンコクです。
フィリピンでは奨学金のこと、クララのこと、デジハゲのこと、お連れした身障者のご夫妻のこと、などなどで1日も休めませんでした。
ここバンコクでも、「原稿料なら絶対に払わん」日系出版社との攻防あり、
その他もろもろで、昨夜まで休み無しでした。
離日以来、やれやれの、疲労困憊の日々です。
今日は初めてホテルにおこもりして、のんびりするとします。
で、このおニューなホテル、しゃれたつもりで朝食を摂るレストランを屋上にもうけています。
大都会の風景を、経済発展いちじるしいバンコクの町並みをながめながら、ゆったり朝食を、というコンセプトなのでしょう。
が、この屋上レストラン、暑い!!! 炎熱地獄でとにかく暑すぎ!!!
汗をかきすぎて消耗し、朝っぱらから、ぐったりしながら、食事を摂っています。
眼下をスカイトレインが走っています。
/Now I am looking at this landscape from my hotel in the centerpoint of Bangkok.

b0034159_1495821.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


何はともあれ、セブ島発マニラ経由でさきほどバンコク入りしました。
適当に取ったホテルは首都のど真ん中、さらに私にふさわしく歓楽街のど真ん中、オープンしたばかりというのだけが取り柄のなんということもないところです。
旅装を解いて、とりあえずビールでも、と思ったところが、コンビニをはじめ、その手の店のどこにもビールがない​!!!
今日は大事な国家的な仏教行事の日なので、深夜、この時間にアルコールを売ってはいけないんだとか。
やむなくレストランで高すぎるビールなどなどを買ってきて、夜更けの部屋でひとり乾杯!!
/ I arrived in Bangkok and checked in a very ordinary hotel in the centerpoint of Bangkok. Anyway beer and then sleep.

b0034159_521638.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

さっきセブ島を離れて目下トランジットでマニラです。2時間少々でバンコク行きの出発です。
フィリピンでの最後の仕事はいくつかの地区に日本から預かってきた学用品を届けることでした。この写真は、自ら学用品どっさりのデジハゲIT社長を旧知の小学校の先生たちに紹介しているところです。その一部が写真に写っているはずです。
と書いて、写真をアップしようとしたのですが、できないですね、この空港のラウンジからでは。
写真は後日ということで。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

7日、今からフィリピンを離れるところです。
今夜にはバンコク入りです。数年ぶりのタイ周遊となりま​す。
前回はバンコクから列車とバスを乗り継いで、ラオスの最​南端の町を訪れました。今は医大生になった内山安雄の娘​と呼ばれている、我が奨学金のトップバッター、ブンマリ​と再会するための旅でした。
さて、今回はどこに、どこの国に行くとしましょうか。
/I am leaving for Thailand now. I am thinking where I will go from Bangkok.
Laos? Cambosia? Vietnam? Myanmar? Even I don't know.

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

超優等生の大学生、クララを雇って日本へ連れて行くかどうか、そのことを決めるために、現地セブ島に滞在し、連日私の立ち会いの下、面接を続けていた我が友人のIT社長、通称デジハゲが帰国の途につきました。
とりあえず、こちらの日本語学校に通う、大学でPCの技術をもっと磨く、ということで話がつきました。
来日は早くても来年の夏ということになりそうです。
問題点がいくつも、です。同じ18才の大学生でも、各教科のレベルが日本よりもはるかに遅れていることだそうです。が、クララには問題点をクリアするだけの能力と根性が備わっているんだとか。よかった!
私にとっては、今日がセブ島最後の1日となります。フィリピンを出ます。

/ Last one week Clara used to have business meetings almost everyday with a president of Japanese IT company who is my close friend.
She may work in Japan sooner or later because she is so smart.

b0034159_1228233.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2012-03-26 12:08 | Trackback | Comments(2)

アジアでの奨学金事業 & 去りゆく冬 / Winter may be gone soon.

さっきセブ島を離れて目下トランジットでマニラです。2時間少々でバンコク行きの出発です。
フィリピンでの最後の仕事はいくつかの地区に日本から預かってきた学用品を届けることでした。この写真は、自ら学用品どっさりのデジハゲIT社長を旧知の小学校の先生たちに紹介しているところです。その一部が写真に写っているはずです。
/ This bold buy,a president of Japanese IT company carried many many stationaries for kids of elementary schools like this foto in Cebu island.

b0034159_2050958.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

世の中、とんでもない出版社もあるものです。
タイに本社があり、日本でも雑誌を出している、いちおう出版社を名乗る会社に7ヶ月も前から原稿料の不払いを食らっています。
いくら催促しても、メールしても、ファクスしても、電話しても、まったく応じようとしません。

私が最後に不払い問題を抱えたのは、東京スポーツですが、何度も怒鳴りこんで、訴える前に、当然取り立てました。
今回も食い逃げ、やり逃げ、乗り逃げ、ただ乗り、断じて許しません、沽券に関わりますし。
で、らちがあかないので、現地に乗りこんで、その会社のオーナーとやらに会うことにします。

これまでの、そしてこれからの経緯をありとあらゆる媒体を使って、連載中の雑誌などを使って、
相手の出方次第では、実名報道、調査報道をやるとします。
宣戦布告したら、その版元が消滅するまで諦めません。
すでにタイトルが決まっています。
「金なら払わん! バンコクの太い日本人たち」です。
面白い原稿が書けそうですよ、親愛なる副編集長どの!!!
最初の媒体は決まっていますが、その先、どの連載で書くか、思案中です。
私憤ではなく、もっと広義な事件として描こうと思っています。
いったん開始したら、もらうべき原稿料の何倍のお金をかけようと、とことんやる、それが内山安雄の流儀ですから。
物書きを怒らせたら、どうなるか、とくとご覧あれ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

毛虫系が大の苦手なのですが、今年はセブ島でムカデの親類みたいなやつが異常発生しています。
コテージの周り、原っぱ、大量にニョロニョロです。
それどころか、部屋の中にまでやってきて、トイレ、リビングをニョロニョロです。
それだけならまだしも、ある朝、PCのキーボードのうえに乗っていたのには、ビックリ仰天どころか、阿鼻叫喚、唖然呆然、仕事をする気力が一気になえてしまいました。
部屋付きの親しいメイドさんに頼んで、防虫対策を施してもらいましたが、効果は持っても2日程度ですね。
最高級のシャングリラホテルですら、9階にまで、こやつが出没して這いずりまわっているそうで、お客が大騒ぎして、大問題になっているとか。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

セブ島にきて以来、1日も欠かさず、奨学金事業のことで飛び回っ​ています。
30度を超える暑さなので疲労はかなりのものです。
今日はどこにも出かけず、借りているコテージのプールサイドで読書でもしてすごすとしましょう。
今そのコテージの窓から見えている風景、私専用の小さな庭です、そして大海原、でも、忙しくて風景を楽しむ余裕もない日々でした。
/ I am now looking at this view from the window of my cottage in Mactan island.
I have been so busy for my scholarship.
So today I wanna be relaxed in my poom.

b0034159_8414980.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



今日3月2日は、写真の大学生、クララの人生にとって最も重要な1日です。
来年から日本に行って、IT企業に勤められるかどうか、今日、面接と技能試験があるのです。
雇い主になるであろうIT社長さん、私の友人でもありますが、昨夜、このクララに会うために東京からセブ島にやってきました。
写真は、リゾートへ海水浴に出かけた時に撮ったもの。
今や彼女の父親と呼んでもいい演出家&脚本家の水谷龍二さんが当地にきていたので、私たちが知り合い一家の20名をビーチに招待したおり、水谷お父さんの発案で、クララも呼び出したのです。
で、この写真を撮った直後、クララが水谷お父さんの横で突然号泣です。
なぜ急に泣き出したのか? 水谷さんを含めて、誰にも意味がわかりませんでした。
私があとでクララに涙のわけを尋ねてみると…。
「この瞬間が幸せすぎて涙があふれてきたんです。ふつうの幸せそうなファミリーにまじって、受け入れてもらって、こんなに楽しい思いができるなんて、想像もしてなかったんです。今が生きてきて一番幸せな時です。ありがとうございます!」
昔も今もスラムで母子3人で暮らすクララ、日本に行って、「お母さんと妹のために小さな家を建てたい」とい夢、実現してほしいものです。

b0034159_845955.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

明日、2月28日の早朝、車椅子で暮らす8才の身障者の子供さん、ペテロミー君を自宅に訪ねて、奨学生の候補にあげるべきかどうか、面接調査することになっています。

お父さんは日雇い労働者で月収4000ペソ、7500円ほどですから、赤貧洗うがごとしのレベルでしょう。
通学に常に介護を必要とするペテロミーですが、お母さんが重度のぜんそく持ちなので、どうしても欠席がちです。
にもかかわらず、成績は常にトップクラスだというのです。
この地区の副区長さんによると、学費の援助がなければ、遅かれ早かれ学業を放棄するしかない状況だというのです。
1ヶ月3150円の援助があれば、身障者にして優等生のペテロミー君の将来が開けるのですが、
どなたが引き取り手がいないものでしょうか???
明日、本人に面接してから、日を改めて報告します。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

2月26日、日本からお連れした身障者のご夫婦にアテンドして、今いるリゾートから地の果てほどに遠いところへレンタカーで出かけていました。このご夫妻、私の奨学金のありがたき支援者です。
で、さすがに疲れて、時々車中で爆睡です。
その帰り道、我が奨学金制度の輝ける星、アンジーという看護学科の学生と面談してきました。
この子のことは、生まれた時から知っているのですが、常にトップ1、大学でも学部でずっと一番をキープしています。
こんな奨学生ばかりだと苦労はないのですが…。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今夜はこの奨学生に会って、今後のことを相談していました。
ローティーンの頃から可愛がっているフィリピーナでして、友だちの娘さんなので、こうして高校の卒業式には父親として出席しています。
が、問題は、直近の大学での成績が私の基金の基準に達していないということです。
日本のお父さんとしては「頑張りなさい」というしかありません。
警告しても成績の下がった奨学生には辞退してもらう、他の貧しくもかしこい子供にチャンスを譲ってほしい、というのが我がファンドのポリシーですから。そのあたりはクールです、人様から預かったお金ですから。

b0034159_0541028.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

昨夜はフィリピンのマクタン島で、私が主宰する奨学金制度の受給者であり、将来、東京のIT企業に勤める可能性が大の大学生、クララと会っていました。
その会社の社長さん、私の友人なのですが、クララをできるだけ早い時期に、来年早々にも来日させ、日進月歩のIT業界の第一線に立たせたいという意向です。10年で世界に通用する技術者にするそうです。
意外な申し出にクララは少し面食らったようです。
が、「答えはイエスです。日本に行きたいです。東京で働いて、お母さんと妹のために家を建てます。10年後にフィリピンに戻って、自分の会社を興したいです。必ず夢を実現します。スラム育ちですから、失うもの、何もありません。早くスラムの生活から脱出したいだけです」との頼もしい言葉です。
/ Clara is one of my scholars and so smart and last night decided to work in an IT company in Tokyo. Congs!

b0034159_14561068.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

2月22日、すでにセブ島のリゾートホテルです。
大海原しか見えない断崖絶壁の上にたつコテージを月極で借りています。
東京でIT企業を経営する友人が、私が子供時代からよく知っているクララというフィリピーナを将来、日本で雇用しようとしています。
クララはスラム育ちで、父親を知らない女子大生です。
で、これから彼女と会って、学費などを援助している将来の雇用主とのすりあわせ役を務めることになっています。
今は3畳1間で一緒に暮らす母親と妹のために小さな家を建てることがクララの夢です。
頑張ってほしいものです。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

21日の昼下がりです。
成田空港でチェックインを済ませたところです。
子供たちに贈る学用品などを大量に詰めこんだので、チェックインバゲッジだけで60キロを超えています。セブ島行き直行のフィリピン航空ですが、ファーストクラスじゃないから、超過料金発生???
機内持ち込み手荷物は7キロまでです。が、PCを仕事用と寄付用に何台も詰めこんだので、16キロもあるんだとか。ここでも超過料金???
まともに払えば、15万円の超過料金!!!!!
貧乏な物書きにはとても払いきれません。
... でも、払うしかない???
いいえ、ボランティア活動ということを事前に届けてあるので、現地のお偉いさんの招待状があるので、特例でフリーです。
フィリピンで勲章だか、メダルだか、賞状だかをくれるそうです。
が、不要です、何もいりません。そんなもの、邪魔くさいだけです。
長生きしていると、たまにはいいこともあるものです。続きを読む

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

予定どおり、2月21日、日本を離れるべく、今から急ぎ成田に向かいます。
帰国するのは初夏になりそうなので、部屋に戻ってホットカーペットやカーボンヒーター、足元暖房など、冬仕様のままでは気合いが抜けそうです。
よって帰国後に気分を変えてすぐに仕事モードに入れるように冬のものは全て片づけました。
長い旅に出るとします。
/ Right now I am leaving for foreign countries.
Which countries?? I don't know. Anyway out of Japan.

b0034159_7551573.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

2月20日、
最後の仕事になっていた月刊誌『小説宝石』の連載原稿をたった今、編集者に渡しました。
なんと5月〆切の原稿です。
これでなんの憂いもなく、明朝、成田に向かうことができます。
仕事用、寄付用を含めて4台のPCを持っていくので、これからチェックと荷造りです。
/ Tomorrow morning I wll leave Japan for Asia and ...........
A long journey on business for several months.

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


この下の若い女の子たちの写真について、です。
なぜに不思議なのか、これらの写真が??
皆さん、肌を見せたがりすぎている、ということです。
これらはほんの一例でして、ここにはとても掲載できないような知り合いの娘さんたちのあられもない写真も多々あります。
半チチ、半ケツ、透け乳首、ふだん着用している下着、ベージュのブラジャーとパンティ姿をさらしている子もいます。
娘さんたちが発表に使っているメディアは今はやりのフェイスブックです。
フェイスブックの私のページに、私とサイト上で「友達」関係にある、これらの女性たちがどんどん登場してきます。
私の他の「友達」も彼女たちの写真を見ることができ、あるいは時には見たくなくても露出度が高くて、周囲の人々に見られたくない写真がFBに出てくるそうです。
で、「PCの近くにいる人に見られたら恥ずかしいから、FBで内山安雄のページを見られないように設定した」というマジメな友達もいます。
こういう露出度の高すぎる写真をフェイスブックにアップするのはほとんどがフィリピーナです。
「身も心もオープンなフィリピーナ」の真骨頂!?

離日まで最後のカウントダウン、こんなことを書いている時ではないですね。
〆切原稿、「小説宝石」、まだです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

不思議、不思議な女の子たちの話です。
久しぶりに色っぽい、ような、色っぽくない、ような話題でいきます。
まずは写真をアップします。全員が私の知り合い、他意なく、娘のように可愛がっている女の子たちです。この子たちの共通項は???
その理由については、間もなく触れます。今は時間がないのであしからず。

b0034159_1101826.jpg
b0034159_1103147.jpg

b0034159_111698.jpg
b0034159_1112562.jpg
b0034159_1114111.jpg


アジアでの奨学金を捻出するためにフィリピンで養豚を手がけているのですが、本日めでたく数頭を売りに出すという連絡が現地からありました。祝祝祝祝!

もうすぐ日本を長期にわたって離れるので、ひたすら不在期間の原稿を書きまくっています。
なんたって、ネット環境のないような場所にも、電気のないような場所にも出かけるわけですから。そして旅立ちの準備という名の雑用に追われています。
そうだ、今日は仕事の合間にかかりつけの陣内クリニックに行って、花粉症対策の注射を、です。

b0034159_948316.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

2月16日、離日まで残りわずかのカウントダウンです。
が、やること多々、〆切原稿も多々です。
荷造り、買い物、銀行、本屋さん、病院、PCチェック、JRでNEXの手配、単行本の企画打ち合わせ、奨学金の計算とエクセルでの作成、資料整理、そうそう、バンコクでかかえるであろう訴訟問題の証拠固め、バンコクから先の旅程の立案、途中からの同行者とのすり合わせ、などなど、やることが多すぎです。が、全てクリアしないことには旅立てません。
一番の懸案はやはり原稿でしょう。
不在中の原稿を書きまくっています。中には、7月までの〆切原稿を入れた月刊誌もあります。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

2月15日ですが、間もなく、そうです、数日以内に日本を離れ、しばらく、初夏まで海外を、おそらくアジア、できれば中東を周遊です。どこに行くのか、まだ決めていませんが。
とりあえず奨学金制度のことでフィリピンに立ちより、3月7日にはバンコク入りです。
バンコクではやらねばならないこと、多々です。
で、その数日後にはカンボジアに向かいます。陸路で国境を越えます。
首都のプノンペンでピストル強盗にやられて入院して以来ですから、12年ぶりのカンボジアとなります。
さてさて、何が待っていることやら。
可愛くないオヤジには旅をさせろ、です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@

2月11日、1週間ぶりのテニス、2勝2敗です。
離日前にテニスをするのは今日が最後でしょうか。
同じテニスクラブに所属する、ご夫妻をセブ島までお連れします。
ご主人も私とはテニス仲間だったのですが、数年前に脳梗塞で半身が不随になられたものですから、私が旅の案内人を務めることになりました。
ちなみにこのご夫妻、私の主宰する奨学金プロジェクトに参加され、JVという男の子に奨学金を送っています。で、フィリピンで私の仲介で初めてその奨学生に会います。クルーザーを丸一日貸し切って、奨学生の一家とアイランドホッピングです。

b0034159_15593852.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

昨夜2月8日の編集プロダクション社長との打ち合わせは実りの多いものでした。
NHKーFMの「クロスオーバーイレブン」をどうやって本にするか、という相談です。
さらに先々の仕事の展開について、あれこれ、和気藹々と、です。
気の合う編集者との仕事は楽しいものです。そういう編集者の皆さんに恵まれ、助けられ、二人三脚でやっております。
/ I am a quite happy author because I have some very close talented editors. Not alone. They help me so much.
b0034159_1226551.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

2月8日、出国を前にして、今週は打ち合わせに明け暮れる毎日になります。
どんどん原稿も書かねばなりません。ちょっと時間が足りない感じですね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

2月7日ですが、NHK-FMの正月特番「クロスオーバーイレブン 2012」が好評だったそうで、私が脚本を担当したのですが、それをCD付きの単行本にしては、という企画が持ち上がっております。
で、まずは今から、拙作「アジア裏楽園」「フィリピン・フール」「さらば、マフィアの友よ」などを出してくださった編集者と新宿で打ち合わせです。
お座敷がかかるだけでも、ありがたいことです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

仕事がらみでフェイスブックやツイッターをやっていて思うことがあります。
市井の方々の自分をアピールしようとするパワーにはしばしば驚かされます。
自分のプライバシーや写真を、これでもか、というくらいに、どんどん公表していくエネルギー、すごすぎです。
知り合いの女の子で、ごくふつうのパンティとブラジャーだけの姿までFBで世界にさらす方がいるのですが、そこまでやるか、というのが正直なところですね。
さすがにパンツブラは極端な例ですが、FBやツイッターを見ていると、自分をもっと表現したい、もっとアピールしたい、もっと注目されたい、そう思っている方々で今の世の中はあふれているようです。

b0034159_9143121.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

下記の写真、リンカーン大統領、チェ・ゲバラ、アンネ・フランクを見て、なんだかヘンだと思いませんか? いったい何がヘンなのか、おわかりになりますかしら?
撮影当時、どれもカラー写真ではなかったのです。
色つきに細工すると、なんだかちょっと違う人物に見えませんか??

b0034159_1695133.jpg
b0034159_1610423.jpg
b0034159_16101852.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
更新のテーマは、去りゆく冬です。
日本の冬が終わる前に、間もなく私は日本を離れ、はるかなる異邦で数ヶ月をすごすとします。
遊びに行く? そうよく聞かれます。
が、そんな悠長なわけがないじゃありませんか。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
b0034159_11571836.jpg
b0034159_11572615.jpg
b0034159_11573499.jpg
b0034159_11574371.jpg
b0034159_11575162.jpg
b0034159_11575953.jpg
b0034159_1158927.jpg
b0034159_11581939.jpg
b0034159_11582615.jpg
b0034159_11583513.jpg
b0034159_11585069.jpg
b0034159_11585992.jpg
b0034159_1159745.jpg
b0034159_11591713.jpg
b0034159_11592554.jpg
b0034159_1159331.jpg
b0034159_11594040.jpg
b0034159_11594856.jpg
b0034159_120670.jpg
b0034159_1201493.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2012-03-03 08:42 | 子供たち | Trackback | Comments(0)