<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

真夏のあれこれ

この何年間か、寝られないなんていうことのまったくない私ですが、昨夜はなぜか夜中に起き出してしまいました。先月、病気で亡くなった我が学友、安達信孝さんのことがふいに思い出されて、あれこれ感慨にふけってしまいました。

b0034159_8385560.jpg


で、これも何かの縁でしょうから、近いうちに慶応大学時代の、それも1年生の時のクラスメートで「安達信孝さんを偲ぶ会」を開こうかと思いつきました。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

まだ残暑厳しい東京ではありますが、今朝など空気にも水道水にも秋の気配が感じられます。

b0034159_8442121.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

久しぶりにオートバイのヘルメットをかぶってみたら、いつの間にかブカブカになっているではありませんか。
頭が小さくなった!? 6頭身が7頭身に??
いやいや、喜んでなんかいられません。
小頭になったということは、脳みそが小さくなった、ということ???
まずい! 

b0034159_12263911.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

我が故郷、北海道苫小牧市でお会いした文学の恩師、石塚邦男師から先ほど励ましのメッセージをいただきました。
石塚師がいなければ、我が物書き人生、違うものになっていたかも、なっていなかったかも、です。
ありがたいことです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

短期間、小旅行に出ていましたが、部屋に戻って恒例の水シャワーを浴びてみれば、いつの間にか、心なしか水が冷たくなっているではないですか。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

故郷に戻ってくると、どこに行っても大歓迎されます。
一躍、地域限定の有名人のような、です。
でも、それに甘えてはいけないのです。
温かい故郷には感謝あるのみです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

帰省の日々、あっという間にすぎていきます。
昨日は母校の苫小牧高専の同窓会の方々と宴席を、
で、当然のごとく午前様となりました。
今日もあれこれです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

b0034159_1005414.jpg


駆け足での旅行、帰省がまもなく終わろうとしています。
北海道です。
「内山安雄文庫」を作っていただいた、忘れがたき生まれ故郷の厚真町へのご挨拶、
その厚真町で議員になられた同級生との旧交を温める夜、
苫小牧高専時代の友人たちとの再会、
地元の文芸関係の方々との集まり、
今日は母校・苫小牧高専を訪問、サイン入りの拙作を寄贈、
その同窓会の方々と今夜、宴会を。
明日は文学の恩師、高尾亮一先生のお墓参りに。
そして、そのお嬢さんたちとの宴会と続きます。
全てに感謝です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

旅先で昨夜は旧友たちと酒宴を張っておりました。
大昔の話で盛り上がりました。
私は少年時代から変わり者だったようです。少年時代から物書きになる感じだったようです。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

旅の空の下で、一昨日も宴会、昨日なんて真っ昼間から深夜まで3つの宴会を駆け回り、今日も夕方から2つの宴会、そして明日も夕方から……。
酒を飲むのも体力勝負です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

はるか東京を離れて、旅先からの記事更新です。
毎日あれこれやることが多くて、しみじみと旅愁というわけにはいきません。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

享年59歳の大学時代の同級生、大親友のお通夜に参列して、疲れが出たのか、脱力したのか、久しぶりに10時間も寝てしまいました。
いいお通夜でした。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
今日はこれから大学時代の同級生のお通夜に出かけます。
要職にあった出版社を早期に退職され、事務所を構えて、つい最近までフリーランスで元気に働いていた様子なのに、いったい何があって、と思っていたのですが、聞いたところでは肺ガンだったのだとか。
肺ガンならば苦しいはずなのですが、お亡くなりになる直前までそのことを伏せて、外でふつうに働いていたなんて、よほどの精神力なのでしょう。
昨夜は安達信孝さんと一緒にすごした大学時代のことにしみじみと思いをはせておりました。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

大学入学時から卒業まで、もっとも親しくお付き合いいただいていた同級生が亡くなりました。
つい最近まで元気いっぱいフリーで働いていただけに驚きました。安達信孝様のご冥福を。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

このところ、我が商店街のレンタルDVD屋さんの店頭で売られている拙作『ミミ』を何度も見かけて、気にしておりました。特価のワゴンセール、なんでも1冊50円というやつです。20冊のうちの1冊です。
最初は一瞬、私から献本を受けたご近所さんの誰かが処分に困って拙作を売っぱらいやがったのか、と早合点しかけ、恐る恐るサインを入れるページをめくってしまいました。
が、その疑いは晴れました。
すると今度は、いつその拙作が売れるのかと気になり出しました。
いつまでもワゴンセールのままだとイヤだな、と思ったりして。
年頃の娘のことを思いやる父親のような心境??
本日、店の前を通りかかったところ、めでたく拙作、片づいて、つまり売れていました。祝祝祝祝!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

時代小説で人気の鈴木輝一郎さんが、私の奨学金制度についてHPで触れておられますので、以下、ここに紹介させていただきます。
鈴木さんには写真の子供さんの面倒を見てもらっております。

奨学金制度では、私は単なる世話人にすぎず、集まってきた奨学金をひとりひとりの子供さんに届けているにすぎません。ありがとうございます。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 内山安雄アジア教育奨学金(http://uchiyamaya.exblog.jp/)の奨学生から。ぼくが奨学支援してるセブ島のテロミー君8歳。どうも、いい医者がみつかって足がいくらか良くなるらしい。なんと返事をしたらいいのかわからないのでそのまま。
 お母さんは24歳だ、と先日知って目を疑いましたが、内山さんによると当地の女性は早婚は珍しくないことと、いろんな意味で苦労すると早く老けこむ、ってなことだそうな。
 ちなみに内山安雄アジア教育奨学金は、内山さんが個人でやってる奨学金支援。事務局がなく内山さんが資金管理と奨学生のチェックをし、支給は現地のカトリックの教区長さんがしている、ちう、シンプルな奨学金制度。フォスターペアレントみたいなもんです。
 スタートした経緯とか、内山さんの奨学金支援のすすめかたがほとんどポン引きだとか、そこいらの話は内山さんのエッセイで読めるので、ぜひどうぞ。

b0034159_16155595.jpg


 
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


故郷である北海道のブロック新聞で「内山安雄の取材ノート」なる連載を、もう何年もやっています。
で、今日は午前中だけで2本分を書き進めました。
この調子だと、今日のうちにもう1本書けるかもしれません。
病み上がり、リハビリ中だというのに、我ながらなかなか勤勉です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

まだお盆の休みが続いているようですが、雑用で書類の整理やら作成に追われています。
読書もしたいところです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

驚いたというか、不愉快というか。
渋谷区の図書館からメールがきて、「貸し出し中の図書の返却期限がきれています。すぐに返却されたし。こういうことをしていると、本を借りることができなるかもしれません」とかなんとかです。
さすがにあわてました。
が、仕事の資料として借りた、その本、確認してみれば、返却期限まで、まだ1週間以上もあるではないですか。PCで図書館業務を管理しているはずなのに、PCが夏バテでもしたのでしょうか??

b0034159_13412256.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

オリンピックの閉会式を録画ではありますが、最初から最後まで見てしまいました。
だからどうした、といわれれば、どうということもないのですが。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

オリンピック漬けの日々でした。オリンピック観戦と仕事しかしていなかったような気がします。
それが終わりました。
b0034159_934379.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

熱帯感染症の後遺症には冷房はもちろん、扇風機もダメなんです、冷えると途端に手足が痛くなりますので。
で、昨夜なんか涼しくて最高、なんて思っていました。
皆さんもさぞや快適だろうと思いきや、衣料を扱っている方からのメールに、夏物の売れ行きがちょっと心配、とありまして、ああ、そうか、人それぞれ、事情が違うんだな、ビジネスとなると大変だな、と今さらながら痛感しました。

b0034159_11385029.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


もっぱら仕事で使っているデスクトップPCのハードディスクが、あたりが悪かったのか、購入して1年もたたないのに故障したので修理に出したところ、問答無用でHDの交換になりました。
全て初期化されてしまったので、不都合が多々発生です。ストレスも多々です。
が、メーカーの電話サポートを受けて、どうにか元の使い勝手に戻りつつあります。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

8月6日、穏やかに「小説宝石」の〆切原稿と格闘中です。
「歳をとることのステキさ、せつなさ、そして不思議さ」というエッセーです。
今般の旅先での出会いと別れに関しての紀行文です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

オリンピック中継を見ているうちに日曜日が終わってしまいました。
女子マラソン、興奮しました。実はこの私、苫小牧高専時代には陸上部で長距離を専門にして、恥ずかしながら全国大会にも出場していますのでね。陸上の中継を見ていると、つい力が入ります。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

一時、暴走老人というのが話題になりました。
が、暴走オヤジというのも最近周りで目につきます。

昼日中、私がオートバイを路肩に止めて、エンジンを始動させた時のことです。
こっちに向かってきたオヤジが、私のオートバイを指さして、何やら怒っています。
「日中なんだから、自分がまぶしくてかなわないから、オートバイのライトを消せ」というのです。
そんな無茶苦茶な!!! 昔とは違って、今時のバイクは全て、日中でもライトが常時点灯するように作られているのですよ。消えない作りになっているんです。消せといわれても無理なんです。
どうも、そのオヤジ、いくら説明しても、理解しなかった、理解するつもりがなかったようです。

もう一件、やはりオートバイに乗って、T字路の交差点に進入して右折しようとした時のことです。
前方にいたオヤジが横断歩道を渡ろうとしています。その信号は赤です。
が、オヤジ、怒り狂って私のほうに腕を振り上げんばかりにして向かってくるではないですか。
「テメエ、信号を無視して俺をひき殺すつもりか!」と激怒です。
私が信号を指さして、「ほら、あなたのほうの信号は、さっきからずっと赤ですよ」と懇切丁寧に教えてやっているのに、これまた聞く耳を持たず、です。
「さっまでは青だった」と言い張るのです。やれやれ。
ヘンなオヤジ、多すぎると思いませんか?
でも、明日は我が身か?

b0034159_18461980.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

数日前から、このブログへのアクセス数が突如ふだんの2倍から3倍以上になり、いったい何が起こったのかと思いました。別に目新しいことを書いたり、始めたわけではないので。
が、昨日からふつうのアクセス数にもどったようです。
三日天下だった???

今般の長旅では、下の写真のような交通機関を利用し、できるだけ飛行機を使わないようにしていました。
そんな無理がたたって熱帯感染症を患ったわけですが、まだその兆候のない時期です。この頃は元気いっぱいだったのですが。
ここはベトナムのメコンデルタ、これからカンボジア領に向かうところです。

b0034159_7155531.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

購入後、1年もたたないのにHDが破損したので、交換により、PCが初期化されてしまいました。
せっかく使い慣らした仕事専用機なのに、最初からやり直さねばならず、やれやれの日々が続いています。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
オリンピック、おもしろいです、最高に興奮します。
でも、TV観戦で眠たいです。翌朝に響きます、仕事にも響きます。やれやれ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

昨夜から今朝にかけて、同じ女性の声で固定電話の留守電に英語で10数本のメッセージが残っています。
「パパ、電話をちょうだい!」といったメッセージだけで詳細は不明です。
最初は、アジアで面倒をみている奨学生の女の子からの電話かな、とも思ったのですが、違うようです。
間違い電話だと思うのですが、そう願いたいのですが、ちょっと怖くて応答できません。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
下の 写真はフィリピン・セブ島の奨学生たち、直近のものです。

b0034159_3294652.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

故障・修理に出していたPCが戻ってきて3日目ですが、まだまだ元の環境には戻っていません。
HD交換によって、なくなったアプリやソフトが多々ありますので。
頭の痛い日々が続いています。
ふとPCがなかった時代を思い出しています。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

故障し、修理に出していた仕事専用のデスクトップPCが戻ってきました。
ハードディスクの損傷だったそうです。
で、HDを入れ替えたとのこと。
諸々のデータはバックアップをとってあったので、時間をかければ元どおりになります。
が、面倒、厄介なのは、全てのソフト、アプリが初期化によって消えてしまったことで、その再インストールに膨大な時間をとられています。もう、うんざりというしかないですね。
暇な時ならゆっくりやるのですが、直近の締め切り原稿をかかえているので、つらい作業です。

b0034159_9135462.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

メールやメッセージをくださっている方々、返信が遅れていて恐縮です。
メインで、仕事で使っているデスクトップPCを修理に出したので、やむなくサブのノートPCを使っているのですが、これがまた、なかなかいうことを聞かないのです。
OSがビスタなのです。まったくもって使えないバージョンです。

b0034159_1061092.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

b0034159_7144954.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2012-08-07 08:09 | 文学 | Trackback | Comments(1)