<   2013年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

初夏なのに

昼下がり、気合いを入れるために水シャワー!! まだ冷たいです、ブルブル。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

それにしても、もう7月だというのにこの涼しさというか、今朝の寒さはなんなんでしょうね。思えば、今年はまだ1度もエアコンを使っていないですね。こんなこと、初めてではないでしょうか。
今朝なんて寒くて目が覚めてしまいました。


b0034159_9231186.jpg



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

毎年この時期になると、そろそろクーラーの出番なのに、今年はまだ1度も使っていないですね。
例年ですと、水シャワーが日課という時期なのに、今年はまだ2回しかやっていないですね。
さらに梅雨らしくもなく、どうしたことでしょう、この気候は。
今日は久しぶりにテニスに行きましょうかね。

b0034159_6284646.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2013-06-29 06:28 | 季節 | Trackback | Comments(0)

 長旅の後遺症?

なんだかよくわかりませんけど、毎日妙に眠たいです。だから朝から、昼も、夕方もゴロゴロ、そして夜もよく寝ています。

b0034159_1603219.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

長旅の後遺症なんでしょうか、帰国後、ずっと気合いの入らない日々が続いておりました。
何もしたくなく、あまり人とも交流を持ちたくなく、1人でぼんやりしている時間、読書と居眠りが1日の大半という日々でした。ひょっとして、これって新型のうつかな、とも思いました。
が、どうやら単なる燃えつき症候群、怠け病だったようです。
ふつうにやる気モードになりつつあります。

b0034159_14143615.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2013-06-27 13:14 | 文学 | Trackback | Comments(0)

 長旅の後遺症?

長旅の後遺症なんでしょうか、帰国後、ずっと気合いの入らない日々が続いておりました。
何もしたくなく、あまり人とも交流を持ちたくなく、1人でぼんやりしている時間、読書と居眠りが1日の大半という日々でした。ひょっとして、これって新型のうつかな、とも思いました。
が、どうやら単なる燃えつき症候群、怠け病だったようです。
ふつうにやる気モードになりつつあります。

b0034159_1317256.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2013-06-27 13:14 | 文学 | Trackback | Comments(0)

一方的な立ち退き要求→拒否!/eviction from the apartment.

年内いっぱいという、部屋の立ち退き要求に対して、店子の有志と話し合った結果、私としても、大家&法律事務所に対して、対抗手段を講じることにしました。一方的な物言い、看過できません。
I should resist the owner of our flat who forces us to evict out before year end. Unfair!!

b0034159_10523374.jpg




@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
いきなり内容証明が舞い込んできました。
大家の代理人と称する法律事務所が差出人で、店子たちよ、年内に部屋から退去しろ、というのです。あまりにも一方的な要求で、やれやれですね。不意打ちです。
The owner of our rental suddenly forces us to transfer until year end. A surprise attack!

b0034159_1039016.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2013-06-21 10:26 | 対決 | Trackback | Comments(0)

執筆三昧 / so busy for writing

フィリピン、インド、インドネシアを舞台、テーマにした集中連載の仕事をやっているので、真剣勝負になってきました。気が抜けません。

b0034159_9564941.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2013-06-19 09:56 | 海外 | Trackback | Comments(0)

ボケ・奇妙な夢/ a strange dream

昨日完成させた原稿「すぐ現地に受け入れてもらえる秘訣」を送ったところ、編集長よりメールがあり、とても面白かった、いい原稿だといわれて、気をよくしています。この勢いで次の長い原稿と格闘するとしましょう。
Today also I am writing for a monthly magazine.

b0034159_9571097.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

どうしたことか、眠い、とにかく眠いいいいいいいいいい!!!
とりあえず〆切をクリアしたからなのか? でも、また目前に次の〆切が、、、、、。
I am always so so so sleeeeeeepyyyyyyyy.

b0034159_2093833.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
初夏なのに熱帯性の冬眠から覚めて、今日は〆切間近の月刊誌の原稿を完成させました。とはいっても、長旅の最中、バングラディシュで下書きを書き上げていたのです。(昔スキャンした表紙で恐縮です)
I am working so hard to write an article for a monthly magazine.

b0034159_1645148.jpg




@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

妙な夢を見てしまいました。妙にリアルでシュールな夢です。
舞台は実家のある北海道の田舎だと思うのですが、長い帰省の間に帰京する日にちを失念してしまいます。で、4月4日の東京行きの飛行機に乗らねばならないのに、気がつけば、もう当日の夜になっているではないですか。「困ったな」「今さらどうしようもないな」「まあ、いいか」「このまましばらくここにいるか」という感じで夢が展開していくのですが、いったい何を暗示、意味しているのでしょうかね? わかるような、わからないような。
I had a strange dream last nite.

b0034159_8502268.png



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

長旅ボケ&熱帯ボケを治して、そろそろ本格的に仕事復帰する時期になってきました。
まだよく旅の夢を見ますね。

b0034159_168469.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2013-06-15 16:06 | 文学 | Trackback | Comments(0)

奨学金の支給風景/ the photo of my scholars arrives now

セブ島の奨学生たちの写真が届きました。6月は新学期なので、どの子も物いりなので、特別に2ヶ月分をまとめて支給しました。奨学生の数が、この春から一気に倍以上になったので、人数が多すぎるので、支給日をずらしているそうです。次回会うまでに全員の顔と名前を覚えようと思うのですが、なかなか、、、、。個々の名前で呼びかけると、喜んで飛びついてきますね。大事にされていることを実感できるのだそうです。その代わり、私はとても厳しいです、成績にも、素行にも、しつけにも。皆様から大事なお金を預かっているわけですから。
I love all of my smart & cute scholars however I am strict to them.

b0034159_1249772.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2013-06-13 12:49 | 子供たち | Trackback | Comments(0)

我が故郷のお祭り/ Fiesta in my home town,Atsuma

特に何もしないのに、ぼんやりと時間がすぎていきます。主に読書をしたり、部屋を片付けたり、何台もあるPCを調整したり、資料を整理したり。読書といえば、開高健を読んでいます。さらに読書といえば、図書館にリクエストしてあった資料が入ったという連絡があったので、さっき小雨をついて出かけてみれば、長期の臨時休館だとか。やれやれ。まあ、時間だけはたっぷりありますから。
なぜか熱帯の仕事場(写真)がなつかしいですね、特に何があるというわけでもないのに。向こうにいれば日本が恋しいのに。
近々、苫小牧高専時代のクラス会があるそうです。久しぶりに出かけてみましょう。
I am missing my place in the Philippines.

b0034159_18405347.jpg




@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

我が故郷、北海道厚真町の「田舎まつり」が間もなくです。去年はなんとか帰省できたのですが、今年は無理そうです。故郷は遠きにありて思うもの、でしょうか。こんな私のために、町の立派な施設に「内山安雄文庫」まで作っていただき、厚真にはとても足を向けて眠れません。
A fiesta in my home town will start soon. So far from Tokyo,so I can not join this year. My home town offers the space for the Uchiyama Yasuo library.Thanks!

b0034159_21344715.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2013-06-11 21:33 | 季節 | Trackback | Comments(0)

旅の後始末 / after a long journey

なんだかよくわかりませんが、4時間睡眠で目が覚めてしまいました。当然眠いです、すっきりせず、非効率的です。やむなく横になるとしましょう。



b0034159_10101047.png

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
長めの連載原稿を「小説宝石」に入れました。お題は「いいガイド・悪いガイド」です。アジア周遊37年で出会った、我が人生で最悪のタイ人ガイドも登場しています。
個人で雇った、JTB勤務の、このガイドの何が最悪かって? まるで働きません、無責任です、いうこと聞きません、嘘ばかりついています、日本人をなめています、その詳細は同誌で。

b0034159_14371658.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2013-06-10 14:29 | | Trackback | Comments(0)

障害を持つ奇跡の奨学生/ My scholar, Sandro's miracle

「セブ島の奇跡」といわれる我が奨学生、体に障害を持つサンドロを紹介しましょう。小さく見えていますが、先天性の病気のためで、すでに14才です。生後間もなく両親に捨てられ、去年まで小学校にも行っていませんでした。見かねて、我らが奨学金制度で面倒を見ることになりました。歩行が困難なので、まずはスポンサーの方にお願いして、杖をプレゼントしました。が、下肢がくねくねしているので、慣れない杖をつく足取りがおぼつきません。
13才で初めて就学したものの、学校では完全なお客さん扱いです。友だちもできず、私が教室に訪ねていっても、隅っこで隠れるようにしているだけです。しゃべることをしないというのです。
心配したスポンサーが、まずは体力増強ということで、医者に診せ、いろんなサプリや医薬品を特別に常時支給するようになりました。
そして今年、1年ぶりに島に戻ってみると、人々が口々に、「サンドロに奇跡が起きた」というではありませんか。
再会したサンドロは、なんと杖なしで歩けるようになったどころか、ダンスを披露したり、同級生たちとターザンごっこをやってみせるではないですか! 初めて私に笑顔を見せました。ジョークを連発するようになり、今やクラスの人気者だそうです。遅れていた勉強もバリバリやっています。まさに奇跡が起きたのです。愛情をかけ、手をかけ、そしてお金をかければ、でしょうか。
サンドロ少年、我が奨学金制度の輝ける星です。
Sandro,a disable boy started to attend on a primary school by supprt of our fundation last year. He could hardly walk even with walking sticks which were given by Japanese sponsar. The sponsar has cared for him so much to give many suppliments and medicines.
So now Sandro can walk without canes when he wants! He can even dance now. They say it is a miracle of the island.
b0034159_441537.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

下の写真は、去年、生まれて初めて杖を手にした時のサンドロです。

b0034159_4104332.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2013-06-07 04:05 | 子供たち | Trackback | Comments(0)