奨学生の候補 / A candidate of scholars

「内山アジア教育基金」には常に多くの応募があります。 今朝はこんな可愛らしいフィリピーナから。マリエルちゃん、14才の中学生、 成績は平均点で94点、ずっと圧倒的に学年トップです。 極貧に近い暮らしです。こんなふうにして、「内山アジア教育基金」の噂を聞きつけて応募が殺到です。が、奨学生になるのは簡単ではありません。いくつもの関門が。でも、この子の場合、条件の全てをクリアしていますね。あとは学校長の、担任の、街道委員会の、私の秘書の推薦が、さらに家庭訪問、両親の面接などが必 要です。 大事な預かり金ですから、簡単にはいきませんよ。 1ヶ月3150円、もしくは1575円の支援です。マリエルちゃんを支援したい、個人的に付き合って育ててみたい、という方、いつでも大歓迎です。One of our future scholars,now a candidate of next year.


b0034159_15375483.jpg

[PR]
# by uchiyamayasuo | 2017-11-23 15:38 | 子供たち | Trackback | Comments(0)