2.17(SUN) (小説との)対決 / confrontation

今日は2月20日、割り込み更新します。
いつも誰かさんの画像を拝借しているのでは申し訳ないので、たまには自分で撮った写真をアップします。たいした写真ではないですが、伊豆半島の最新サクラ情報です。
すぐ下の1枚目のサクラは宿の方の説明では、熱海桜というのだそうです。撮影地は熱海のすぐそばの伊豆山の旅館の中庭です。宿の一番奥に立つ離れの窓を開けると、窓に覆いかぶさるようにして、すぐ目の前で咲いていました。
b0034159_20453692.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
下の写真は、あまりにも有名な早咲きの桜で、河津桜です。
せっかく熱川温泉まで行ったので、ドライブがてら、ご当地の河津にまで足を伸ばして撮りました。

で、帰京した翌日、2月20日に起き出すと、喉がものすごく痛いのです。
風邪をひいたのかな、と思いました。が、じきにそうではないことに気づきました。
今年も悲しみの花粉症を発症してしまいました。早く日本から南国へ逃げ出したいものです。
b0034159_20475335.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

小説を書くというのは、私にとっては戦争みたいなものです。原稿用紙との長い戦いなのです。
ようやく次に刊行する長編小説『旭山の道』(光文社)の第1稿が1月末にできあがりました。
これは仮題でして、刊行時に題名は変更になるでしょうが。

テーマと舞台を決めたのが去年の5月末。取材を開始したのが7月の中旬、最終的なプロットを書き上げたのが去年の8月の下旬。
そして、がっちりと構想をかためて1行目を書き始めたのが、忘れもしない去年の9月11日です。
ここに備忘録がありますが、うんうんうなって9月17日にまだ19枚までしかたどりついていません。いつも書き出しというのはこんなものです。ちなみに1枚とは400字詰め原稿用紙1枚のことです。
9月30日には74枚まで、記念すべき100枚を超えたのが10月9日、10月15日には117枚まで、10月末には174枚まで。
そして、ここからはタイ、ラオス取材に出て、しばし小説はお休みしておりました。
が、帰国早々執筆を再開し、11月末にはまだ183枚までしかいっていません。
12月に入ってからはスピードアップし、12月4日にはついに200枚超え達成し、12月中旬には229枚まで、大晦日には294枚まで。

思えばお正月休みはほとんど取らなかったのです。
大台の300枚に乗ったのが1月3日。
で、「成人の日」までに338枚まで進行しています。
350枚に達したのが、その翌日の1月15日です。
1月20日には368枚まで、そしてついに1月29日には400枚の長編の第1稿を完成させたのです。
が、これで終わりではありません。目下、担当編集者と編集長が読み込みをやってくれています。で、近日中に大激論をかわして、さらに1ヶ月をかけて、旅先の南国で推敲をやるのです。
小説を書くというのは見えない敵との戦い、自分との対決なのです。
よって今回のテーマは、拙作の第1稿の脱稿を祈念して、対決、であります。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
b0034159_1042281.gif
b0034159_104386.gif
b0034159_1045064.jpg
b0034159_105088.jpg
b0034159_1051373.jpg
b0034159_1052422.jpg
b0034159_1053738.jpg
b0034159_1054882.jpg
b0034159_1055950.jpg
b0034159_1061013.jpg
b0034159_1062366.jpg
b0034159_1063567.jpg
b0034159_106464.jpg
b0034159_1065812.jpg
b0034159_1071147.jpg
b0034159_1072265.jpg
b0034159_1073442.jpg
b0034159_107577.jpg
b0034159_108977.jpg
b0034159_1082212.jpg

[PR]
# by uchiyamayasuo | 2008-02-17 00:19 | 小説 | Trackback | Comments(0)