6.6(WE) 戦争と平和 / war & peace

世界のあちこちで戦火が、この瞬間も燃えさかっています。
数日前から、私は月刊誌の連載向けに、「傭兵という生き方・死に様」というテーマのエッセーというか、ノンフィクションというか、とにかく原稿を執筆中です。
原稿では私と親しかった二人の傭兵を取り上げています。はっきりいいまして、傭兵というのは金のため、と割り切った非情な戦争屋です。
原稿で描かれるひとりというのが、私にとって親しい人間です。すでに彼は亡くなっていますが、彼のおいたちをそのまま描くのはむずかしいですね。
正直に書けば、彼の、私の友人の名誉を傷つけることになっていまいます。
が、事実をねじ曲げて美化するわけにもいきません。
よって、あえて仮名にして、人物を特定できない程度に経歴などをぼかすことにします。
そこにノンフィクションのむずかしさがあるんですね。
その方は、私が冒険小説を書くうえで、必要不可欠な方でした。

もうひとりはフランスの外人部隊上がりのハンガリー人です。
彼は、インドシナの戦線で、あの俳優のアラン・ドロンと同じ部隊で戦っていたのです。
原稿では、若き日のアラン・ドロンの戦場での、あまりにも珍奇な行動というか、クセに触れています。とても、あのニヒルな風貌からは想像もつかない真実です。

よって今回のテーマは、戦争と平和にしましょう。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
なお使用する画像の一部はWorth1000さまに帰属します。
b0034159_10444446.jpg
b0034159_10445945.jpg
b0034159_10451652.jpg
b0034159_10453170.jpg
b0034159_10454580.jpg
b0034159_10455966.jpg
b0034159_10461483.jpg
b0034159_10462849.jpg
b0034159_10464183.jpg
b0034159_1047011.jpg
b0034159_1048450.jpg

b0034159_10563127.jpg
b0034159_10564722.jpg
b0034159_105751.jpg
b0034159_10572593.jpg
b0034159_10573846.jpg
b0034159_10575268.jpg
b0034159_1058672.jpg
b0034159_10582032.jpg
b0034159_10584795.jpg

[PR]
# by uchiyamayasuo | 2007-06-06 00:35 | 戦争と平和 | Comments(0)