〆切原稿は「私が関わった代理出産ケース」

また〆切地獄、お題は「私が関与した代理出産・2つのケース」です。
2つとも、決して愉快なケースではないので、筆の乗りがよくないですね。
直近のケースでは、成功報酬として我が奨学金制度に1千万円を寄付してもらうという条件を、依頼主の日本人に提示していました。大富豪なので、払う用意があったようです。
が、タイでの代理出産騒動が持ち上がり、びびったようで、計画が頓挫してしまいました。もちろんこの私、いってみただけで、本心では成功報酬をもらうつもりはありませんでした。なぜに?
他国の女性を使った代理出産がうまくいくわけがないから、です。

I am writing a manuscript about the surrogate-mother birthing which I commited recently.


b0034159_0143351.jpg

[PR]
by uchiyamayasuo | 2015-01-25 00:14 | 文学 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://uchiyamaya.exblog.jp/tb/24047224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< イスラム国の事件に関して / ... シティバンクの個人部門の売却問... >>