7.26(SAT) 「大和魂☆マニアーナ」と貧乏、そして食べ物 / food

私の新作小説『大和魂☆マニアーナ』では、下記の新刊案内にもありますように、
貧しさが大きなテーマになっています。

食べられないほどの貧しさを主人公の少年は、わずか15才にして背負っています。
単に自分ひとりが食べられないのではなく、
破産して病床にある実の父親、
貧しさゆえに中学校すら中退せざるを得なかった妹のために、家族を助けるために主人公は孤軍奮闘しなければなりません。
そこまでの貧しさは今の日本ではなかなかないのかもしれません。
が、小説ですから、そういう状況設定が可能なのです。
食べることもままならない貧しさ、それがせつないと思い、そこから物語を出発させてみました。

『大和魂☆マニアーナ』の舞台は大相撲です。
なぜこのところ日本人の力士が強くないのか、
なぜ外国人力士ばかり目立つのか、
日本人の美徳は、そして国技はどうなってしまったのか、
日本の家族とは、親子の関係とは、
その答えが私の小説の中にあるような気がします。
ひたすら、そういう問題を考えてみた小説です。
b0034159_15331196.jpg


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
食べることもままならない貧しさということで、今回は「食べ物」をテーマにしましょう。
b0034159_1712594.jpg
b0034159_1713967.jpg
b0034159_1714928.jpg
b0034159_172097.jpg
b0034159_1721255.jpg
b0034159_1722333.jpg
b0034159_1723444.jpg
b0034159_1724581.jpg
b0034159_1725733.jpg
b0034159_17377.jpg
b0034159_173237.jpg
b0034159_1733447.jpg
b0034159_173459.jpg
b0034159_1735623.jpg
b0034159_174711.jpg
b0034159_1741872.jpg
b0034159_1743011.jpg
b0034159_1744186.jpg
b0034159_1745623.jpg
b0034159_175780.jpg

[PR]
# by uchiyamayasuo | 2008-07-26 01:47 | 食べ物 | Trackback | Comments(1)